Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2016.06.08ローカル・ネイティヴスの新作が発売決定、新曲「Villainy」のヴィジュアル・ビデオが公開

ローカル・ネイティヴスの新作が発売決定、新曲「Villainy」のヴィジュアル・ビデオが公開

ローカル・ネイティヴスのニュー・アルバム『サンリット・ユース』のリリースが決定! 新曲「Villainy」のヴィジュアル・ビデオが公開に!

今年4月に1年ぶりとなるライヴを行なったかと思うと、続けて3年ぶりとなる新曲「Past Lives」を配信でサプライズ・リリースしたLAの5人組バンド、ローカル・ネイティヴス。そんな彼らが、3作目となるニュー・アルバム『サンリット・ユース』を9月9日(金)にリリースすることが発表された!


ザ・ナショナルのアーロン・デスナーをプロデューサーに迎えて制作され、ビルボード初登場12位を記録した前作『ハミングバード』から3年、新作はどんな息吹がかかった作品に仕上がっているのか、気になるところだ。


早速アルバムからのオープニング・トラック「Villainy」のヴィジュアル・ビデオが公開された。ホームタウンへ宛てたラヴ・レターだというこのビデオには、楽曲に込められた感情がこれでもかとばかりに要約されている。監督を務めたのはこれまでインディ・バンドを中心としたミュージック・ビデオや映画を手がけているアンドリュー・ドロス・パレルモ、美術監督はL.Aのパンク・シーンとも関わりの深いブライアン・ロッティンガーだ。


「Villainy」のヴィジュアル・ビデオはこちら:


メンバーのライアン・ハーン(G,key,vo)は「Villainy」について次のように語る。「新しい曲の書き方を発見しながらの興奮の中で今作(アルバム)は誕生したんだ。まず考えた、『俺は何が聴きたいんだ?』って。これまでやってきたことや、周りが期待することは一切忘れてね。『Villainy』は俺が聴きたいと思った曲なんだ。リリック的には、自分には状況を変える力があるって気づくこと、毎日やり直しがきくってことについて歌ってる。まさに俺たちが今回のアルバムの楽曲制作に取り入れた考えでもある。新曲はすべてこれまでと違ったエネルギーに満ちていて、それによって毎回俺たちは新しい何かに挑戦できるんだ」。


ニュー・アルバムを引っさげてバンドは秋からワールド・ツアーを実施する。残念ながらアジアの日程は未定のようだが、近いうちに再来日してくれることに期待したい。



Release Infoリリース情報

Local Natives - Sunlit Youth
Sunlit Youth
byLocal Natives

海外発売日:2016年9月9日(金)
レーベル:Infectious Music / BMG / Hostess
日本盤詳細は後日発表

<トラックリスト>
01. Villainy
02. Past Lives
03. Dark Days
04. Fountain Of Youth
05. Masters
06. Jellyfish
07. Coins
08. Mother Emanuel
09. Ellie Alice
10. Psycho Lovers
11. Everything All At Once
12. Sea Of Years

Short Biographyショート・バイオ

これまでに全世界で2作品合計30万枚のセールスを誇るLAのシルヴァー・レイクを拠点に活動する4人組インディ・バンド、ローカル・ネイティヴス。2009年、SXSWでのパフォーマンスで音楽業界の注目を一気に集め、翌年にリリースしたデビュー・アルバム『ゴリラ・マナー』はNMEやピッチフォーク等主要メディアから大絶賛を受けた。2011年、ベーシストのアンディ・ハムが脱退、あらたにニック・ユーイングが加入。2012年11月に開催されたHostess Club Weekenderに出演し話題をさらった。2013年にはザ・ナショナルのアーロン・デスナーをプロデューサーに迎えて制作され、ビルボード初登場12位を記録したセカンド・アルバム『ハミングバード』をリリース。2016年9月、サード・アルバム『サンリット・ユース』のリリースが決定。現在のライナップはテイラー・ライス(G,Vo)、ケルシー・エアー(Vo, Key)、マット・フレージャー(Dr)、ライアン・ハーン(G,key,vo)とニック・ユーイング(Bass)。