Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2016.05.02J・ディラによる「The Diary」からボーナス曲「The Sickness」のビデオが公開

J・ディラによる「The Diary」からボーナス曲「The Sickness」のビデオが公開

J・ディラによる「The Diary」からボーナス曲「The Sickness」のビデオが公開!ナズがゲスト参加!マッドリッブがプロデュース!

ヒップホップ界の重鎮にして<Mass Appeal Records>レーベルオーナーのNAS(ナズ)をはじめ、スヌープ・ドッグ、マッドリブ、ハイ-テックなどが参加する、ヒップホップ・アーティストでプロデューサーのJ・ディラによる未発表ヴォーカル・アルバム『ザ・ダイアリー』から新しいビデオが公開。日本盤にはボーナストラック2曲の他、英語詞、歌詞対訳、ライナーノーツが封入されている。


「The Sickness feat. Nas」のビデオはこちら:


『The Diary』の参加者によるコメント動画のプレイリストはこちら:


※iTunes ボーナストラック2曲収録で配信中!
https://itunes.apple.com/jp/album/the-diary /id1085118201?app=itunes&ls=1&at=11lwRX

Release Infoリリース情報

J Dilla - The Diary
The Diary
byJ Dilla

HSE-5060
2016.04.27 on sale / 2,400円+税
※翻訳ライナーノーツ(イーセン・アラパット(Estate of James Yancey クリエイティヴ・ディレクター)、ロニー・リース)
※ボーナストラック2曲、歌詞対訳、ライナーノーツ(大前 至)付
※英語詞と 日本語歌詞対訳が封入されているのは日本盤のみ!
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

1974年生まれ、2006年没。米デトロイト出身。オペラ歌手の母とジャズべーシストの父との間に生まれたJ・ディラ(本名ジェームス・ヤンシー)。現在のヒップホップ・シーンにおいても高い影響力を誇るプロデューサー。高校生のころにJay Dee(ジェイ・ディー)として二人の友人とラップ・グループ、スラム・ヴィレッジを結成しビート・メーカーとして活動を始めた。1992年には元ファンカデリックのキーボーディスト、アンプ・フィドラーに才能を認められ、MPCの使い方を伝授される。1994年にはその機材で作ったビート・テープを気にいったア・トライブ・コールド・ クエストのQティップがきっかけとなり、ザ・ファーサイドの大ヒット曲でヒップホップ・クラシック「Runnin'」のリミックスを担当。Qティップ、アリとともにプロダクション・チーム、The Ummah(ザ・ウマー)を結成し、ATCQや ジャネット・ジャクソン等の作品を手掛けた。その後、コモンをはじめエリカ・バドゥ、デ・ラ・ソウルといった人気アーティストも手掛けている。2003年あたりから持病悪化の為、音楽活動を制限するようになる。2006年2月10日、惜しまれつつ32歳の若さで他界。生前最後のアルバム『ドーナツ』を発表したばかりだった。その後『ザ・シャイニング』や『ジェイ・ラヴ・ジャパン』など遺作が発表された。