Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2016.04.27ヒップホップ界の伝説的プロデューサー、J・ディラの未発表ヴォーカル・アルバム本日発売

ヒップホップ界の伝説的プロデューサー、J・ディラの未発表ヴォーカル・アルバム本日発売

ヒップホップ界の伝説的プロデューサー、J・ディラの未発表ヴォーカル・アルバム本日発売!客演のスヌープ・ドッグ等からのコメント動画公開!

ヒップホップ界の重鎮にして<Mass Appeal Records>レーベルオーナーのNAS(ナズ)をはじめ、スヌープ・ドッグ、マッドリッブ、ハイ-テックなどが参加する、ヒップホップ・アーティストでプロデューサーのJ・ディラによる未発表ヴォーカル・アルバム『ザ・ダイアリー』が遂に本日リリースとなった。日本盤にはボーナストラック2曲の他、英語詞、歌詞対訳、ライナーノーツが封入されている。


本作はJ・ディラの死後、母親と弟イラ・Jによって設立された知的財産管理団体Pay Jayと、プライベートでも親交の深かったイーセン"イーゴン"アラパット(Estate of James Yancey クリエイティヴ・ディレクター)が10年間をかけリリースまで尽力したということもあり、数多くある未発表作品の中でも最重要作品として世界中のファン、アーティスト、メディアから高い注目を集めている。
また、NASをはじめ、スヌープ・ドッグ、コケイン、クエストラヴ、ビラル、プロデューサーとして盟友マッドリブ、ピート・ロック、ハイ-テック、ワジード等、有名プロデューサー/ヒット・メーカーが参加していることでも話題となっている。


そんな中、ディラの実弟のイラ・J(ラッパー)をはじめ、アルバムに参加したスヌープ・ドッグ(ラッパー)、ハイ-テック(プロデューサー)、カリーム・リギンス(ドラマー/プロデューサー)、デイヴ・クーリー(マスタリング・エンジニア)による、J・ ディラや本作『ザ・ダイアリー』に関するコメント動画が到着。生前のディラの人となりや、ラップの最中に別人のようになること、西海岸ギャングスタ系ラッパーのスヌープ・ドッグの関係などが明らかになる貴重な内容となっている。

■コメント動画のプレイリスト・リンクはこちら:


「彼も俺と同じ時期に熱い音楽を創っていて彼の噂も沢山聞いたよ。彼がどんなものを創っていたか噂に聞いていたし一緒に何かをしたかった」スヌープ・ドッグ


「遂にこの時がきた。彼の遺産管理団体の協力の元、Mass Appeal Recordsか らJ・ディラの長いこと未発表だったヴォーカル・アルバムをリリース出来ることを誇りに思う」NAS


※iTunes ボーナストラック2曲収録で配信中!
https://itunes.apple.com/jp/album/the-diary /id1085118201?app=itunes&ls=1&at=11lwRX

Release Infoリリース情報

J Dilla - The Diary
The Diary
byJ Dilla

HSE-5060
2016.04.27 on sale / 2,400円+税
※翻訳ライナーノーツ(イーセン・アラパット(Estate of James Yancey クリエイティヴ・ディレクター)、ロニー・リース)
※ボーナストラック2曲、歌詞対訳、ライナーノーツ(大前 至)付
※英語詞と 日本語歌詞対訳が封入されているのは日本盤のみ!
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

1974年生まれ、2006年没。米デトロイト出身。オペラ歌手の母とジャズべーシストの父との間に生まれたJ・ディラ(本名ジェームス・ヤンシー)。現在のヒップホップ・シーンにおいても高い影響力を誇るプロデューサー。高校生のころにJay Dee(ジェイ・ディー)として二人の友人とラップ・グループ、スラム・ヴィレッジを結成しビート・メーカーとして活動を始めた。1992年には元ファンカデリックのキーボーディスト、アンプ・フィドラーに才能を認められ、MPCの使い方を伝授される。1994年にはその機材で作ったビート・テープを気にいったア・トライブ・コールド・ クエストのQティップがきっかけとなり、ザ・ファーサイドの大ヒット曲でヒップホップ・クラシック「Runnin'」のリミックスを担当。Qティップ、アリとともにプロダクション・チーム、The Ummah(ザ・ウマー)を結成し、ATCQや ジャネット・ジャクソン等の作品を手掛けた。その後、コモンをはじめエリカ・バドゥ、デ・ラ・ソウルといった人気アーティストも手掛けている。2003年あたりから持病悪化の為、音楽活動を制限するようになる。2006年2月10日、惜しまれつつ32歳の若さで他界。生前最後のアルバム『ドーナツ』を発表したばかりだった。その後『ザ・シャイニング』や『ジェイ・ラヴ・ジャパン』など遺作が発表された。