Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2016.04.26バンド・オブ・ホーセズ、4年振りとなる5thアルバムのリリースが決定

バンド・オブ・ホーセズ、4年振りとなる5thアルバムのリリースが決定

米フォーク・ロック界の巨頭、バンド・オブ・ホーセズが4年振りとなる5枚目のアルバム『ワイ・アー・ユー・オーケー』を6月にリリースすることが決定!

グラミー賞ノミネート・バンドであり米フォーク・ロック界の巨頭、バンド・オブ・ホーセズが4年振りとなる5枚目のアルバム『ワイ・アー・ユー・オーケー』を6月にリリースします。昨日、アルバムからの新曲「Casual Party」のリリック・ビデオを公開したばかりのバンド・オブ・ホーセズがアルバム・リリースのアナウンスをして本格始動!

シングル「Casual Party」のリリック・ビデオはこちら


バンド・オブ・ホーセズのリーダーを務めるベン・ブリッドウェルは、最近になってクリエイティヴなひらめきへの道筋は、家にいて、その内を見つめ、子供のような疑問や驚きを開花させることからも始まることに気がついた。長年にわたってインスピレーションの源を外の世界 --岩だらけの海岸や深い森、砂漠の荒野など-- に求めてきたのち、彼は根を成長させることで得られる新たな道を見出した。それはつまり、夫および父親になり、その結果として生まれる探究心や、不確実さ、怖れ、愛、そして勇気といった感覚を、自らの音楽へ注ぎ込むことだった。その過程で彼は真の内なる自分自身を外へ引き出し、さらに新たなプロデューサー、昔からのメンター、そして親愛なるバンドメイトたちに導かれ、バンド・オブ・ホーセズの5作目となるアルバム『ワイ・アー・ユー・オーケー』を生み出した。


ベン・ブリッドウェルとバンドメンバーであるドラムのクレイトン・バレット、ベースのビル・レイノルズ、ギターのタイラー・ラムジー、キーボードのライアン・モンローがベンの地元であるサウスカロライナ州チャールストンに集まり、プロデューサーであるジョン・ライトル(グランダディー)と共にアルバムを制作した。リック・ルービンがエグゼクティブ・プロデューサーを務め、バンドのレコーディング中に今作アルバムの転機になるようなアドバイスをバンドに与えたと言う。ミックスにはデイヴ・フリードマン(モグワイ、ベル・アンド・セバスチャン、ウィーザー)を起用している。


バンド・オブ・ホーセズの5枚目となるアルバム『ワイ・アー・ユー・オーケー』は今まで培った経験を携えて作られたバンド史上最高傑作となっている。バンド・オブ・ホーセズ節とも言える青々としたメロディーと大自然を思い起こさせる壮大なストリー性を兼ね備えた今作でバンドは世界にまた一歩大きく踏み出す事になるでしょう。

Release Infoリリース情報

Band of Horses - Why Are You OK
Why Are You OK
byBand of Horses

HSU-10074
2016.06.10 on sale / 2,400円+税
※日本盤はライナーノーツ、歌詞対訳付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

04年米シアトルで結成。2006年にバンド・オブ・ホーセズ『エヴリシング・ザ・オール・タイム』で、人気インディ・レーベル<サブ・ポップ>よりデビュー。その楽曲クオリティはもちろん、奥深い世界観、壮大なサウンド・スケープとライヴ・パフォーマンスが有力音楽メディアで評判を呼び、瞬く間に人気が上昇。2007年の2nd『シーズ・トゥ・ビギン』が全米ビルボード・アルバムチャートで35位を記録。2010年に発表した3作目『インフィニット・アームズ』は全米チャート初登場7位(ロック部門2位)に輝いた。12年に発表した4作目『ミラージュ・ロック』が全米13位、全英20位を獲得。08年と10年にはサマーソニックに出演。2013年にはHostess Club Weekenderにて来日を果たしている。