Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2016.04.15HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER、今年もSummer Sonic内Midnight Sonicにて開催!

HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER、今年もSummer Sonic内Midnight Sonicにて開催!

HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER、ヘッドライナーにダイナソーJrとアニマル・コレクティヴを迎えて今年も開催決定!

洋楽ファンの間ではすっかりお馴染みとなったHostess Club Weekenderをはじめとするライブシリーズ、Hostess Clubが手がける新たな試みとして昨年誕生したHOSTESS CLUB ALL-NIGHTER。ヘッドライナーとして最新作の再現ライヴを行ったトム・ヨーク、フランツ・フェルディナンドとスパークスがコラボレーションした世紀のスーパーグループF.F.S.が登場し、その他にもスピリチュアライズドやジョン・ホプキンスなど世界でもトップクラスのラインナップは日本の夏フェスに大きな衝撃をもたらしました。そんな伝説のイベントが今年もSummer Sonic内Midnight Sonicにて帰ってきます!
そして第一弾出演アーティストにはヘッドライナーとしてダイナソーJrとアニマル・コレクティヴが決定!
85年のデビュー以来、91年の『グリーン・マインド』が世界的に大ヒットしニルヴァーナ等と共にシーンを牽引。その後一度の解散は経たものの通算10作のアルバムをリリースしオルタナロックの祖として第一線で活躍し続けるダイナソーJr。最新作をリリースした12年のHostess Club Weekenderへのヘッドライナー出演以来の来日となる彼らはなんとニュー・アルバムも制作中とのこと。新曲をいち早く披露してくれることになるかも...?
また、もう一方のアニマル・コレクティヴもリリースする作品すべてがその年を代表する傑作として高い評価を受け、数々の年間ベストに選出。いまやアメリカ音楽界を牽引するバンドとして、世界中の音楽ファンから絶大なる支持を得る存在となっています。今年2月にリリースされた最新作『ペインティング・ウィズ』と共に日本のファンのもとへ4年ぶりの帰還!

両者ともに幕張を熱く沸かせる素晴らしいステージが期待できそうです。このあとも続々と出演アーティストは発表となりますので是非ご注目を。
今年のSummer SonicもHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERがあなたを眠らせません!

HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERオフィシャルサイトはこちら:
http://ynos.tv/hostessclub/schedule/201608hcan/



Dinosaur Jr. / Animal Collective


HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER 出演: Dinosaur Jr. / Animal Collective and more
日程:2016/8/20(土)<サマーソニック2016 ミッドナイトソニック>
場所:幕張メッセ
オフィシャルサイト:http://ynos.tv/hostessclub/schedule/201608hcan/
チケット販売情報は後日発表!

<Hostess Clubとは>
数々の素晴らしいアーティスト作品をリリースしてきた独立系音楽会社HostessEntertainmentが、音楽出版やライブ制作、マーチャンダイズを手掛けるYnos(イーノス)とタッグを組み、2011年からスタートさせたライブ公演シリーズ「Hostess Club」。
2012年から開催したイベント「Weekender」シリーズでは、新人から大御所まで独自の視点でセレクトした刺激的なアーティストを多数フィーチャー。2015年夏、新たな試みとしてサマーソニック2015内でHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERを開催。2016年春には少し大人なイベントHostess Club Presents Sunday Specialも成功を収めた。

Short Biographyショート・バイオ

Dinosaur Jr.:
米マサチューセッツ州出身、J・マスキス(G,Vo)、ルー・バーロウ(B)、マーフ(Dr)の3人組バンド。85年にデビュー。89年『バグ』発表後ルーが脱退。91年の『グリーン・マインド』が世界的に大ヒットしニルヴァーナ等と共にシーン を牽引。その後マーフが脱退。バンド解散の97年までに通算7枚のアルバムを発表。07年に再結成アルバム『ビヨンド』を発表、09年には9作目『ファーム』を発表し話題となる。12年には通算10作目となるニュー・アルバムをリリースし、 Hostess Club Weekenderにヘッドライナーとして出演。来日時には同じくHCWに出演したサーストン・ムーアと共に単独公演も開催。そして16年夏、4年ぶりとなる最新作『ギヴ・ア・グリンプス・オヴ・ホワット・ヤー・ノット』と共に HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERのヘッドライナーとして帰還。更に一夜限りで行われた単独公演は即ソールドアウトになり大盛況の内に幕を閉じた。

Animal Collective:
1990年代半ば、ボルチモアの友人同士で自然発生的に結成。2000年、デビュー・アルバムとなる『スピリット・ゼイアー・ゴーン、スピリット・ゼイヴ・ヴァニッシュド』を自主レーベル<Animal>からリリース。アルバム毎に参加メンバーが異なる不定形コレクティヴとして数枚のアルバムを発表、アンダーグラウンド・シーンで注目を浴びる。2004年<FatCat>より『サング・トンズ』(04年)、続いて『フィールズ』(05年)を発表すると世界的な絶賛を浴びる。その後UK人気レーベル<Domino>と世界契約を結び、07年に『ストロベリー・ジャム』、09年に『メリウェザー・ポスト・パヴィリオン』、12年に『センティピード・ヘルツ』をリリース。どの作品もその年を代表する傑作として高い評価を受け、数々の年間ベストに選出される。16年、4年振りとなる最新作『ペインティング・ウィズ』を発表、8月にはHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERにヘッドライナーとして出演を果たした。アメリカ音楽界を牽引するバンドとして、世界中の音楽ファンから絶大なる支持を得ている。