Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2016.03.29カー・シート・ヘッドレストが新作『ティーンズ・オブ・ディナイアル』をリリース

カー・シート・ヘッドレストが新作『ティーンズ・オブ・ディナイアル』をリリース

USインディーシーンで期待を集めるカー・シート・ヘッドレストが<マタドール>から新作『ティーンズ・オブ・ディナイアル』をリリース!

USインディーシーン期待の新星として注目を浴びるシアトルのアーティスト、ウィル・トレドを中心とするバンド、カー・シート・ヘッドレストが新作 『ティーンズ・オブ・ディナイアル』をリリースすることが決定しました!

2010年、ウィルが17歳の時にバージニア州リーズバーグで自分の家の車の中でレコーディングをした11枚ものアルバムをBandcampで売り始めると、レコードレーベル、パブリッシャー、エージェント、マネージャーを一切なしにも関わらず合計25,000ものダウンロードを記録。
2014年にシアトルへと移り住むと、2015年に過去に制作した楽曲を録り直したアルバム『Teens of Style』を老舗インディーレーベル<マタドール>から発表。ベースにEthan Ives、ドラムにAndrew Katzを迎えレコーディングされた作品は、より鮮やかでパワフル、ダイナミックなサウンドになりPitchforkで8.1点を獲得するなど海外メディアで賞賛されました。

そして、一躍USインディーシーンの期待の新星として期待を集めることとなった彼が、前作と同じバンドメンバー共に制作した新作『ティーンズ・オブ・ディナイアル』を2016年5月にリリースします!前作が過去楽曲を録り直した作品であったため、今作がフルバンドとして初となるオリジナルスタジオ作品となり ます。プロデュースを手がけたのはニルヴァーナやサウンドガーデンなど伝説的なグランジバンドを手がけたスティーヴ・フィスクで、レコーディングもシアトルにある彼のスタジオで行われました。
アルバムはフランク・シナトラの生涯、マッドメンに見られる米国の自己中心世代の台頭、さらには東洋と西洋の神学に文化的な影響を受け困難な日々を送っ ていたウィル・トレドの過去が色濃く反映しているそう。

スティーヴ・アルビニがプロデュースしたことで、その才能を開花させたクラウド・ナッシングスに続く、USインディーシーン期待のオルタナ/ロー ファイバンドが遂に世界的にブレイク間違いなし!

アルバムから新曲「Drunk Drivers/Killer Whales」が公開されているので、是非聴いてみてください!


「Drunk Drivers/Killer Whales」はこちら


以前公開された「Vincent」はこちら


※アルバム『ティーンズ・オブ・ディナイアル』iTunesにてプレオーダー実施中!新曲「Vincent」「Drunk Drivers/Killer Whales」配信中!
https://itunes.apple.com/jp/album/teens-of-denial/id1097046167?app=itunes&ls=1&at=11lwRX

Release Infoリリース情報

Car Seat Headrest - Teens Of Denial
Teens Of Denial
byCar Seat Headrest

BGJ-3010
2016.07.20 on sale / 2,100円+税
※初回仕様限定:ボーナストラック2曲ダウンロードコード付ステッカー封入(フォーマット:mp3)、歌詞対訳、ライナーノーツ(清水祐也)付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

シアトルのアーティスト、ウィル・トレドによるプロジェクト、カー・シート・ ヘッドレスト。2010年、ウィルが17歳の時にバージニア州リーズバーグで自分の家の車の中でレコーディングを始め、11枚ものアルバムを完成させBandcampで売り始めた。レコードレーベル、パブリッシャー、 エージェント、マネージャーが一切なしにも関わらず25,000ダウンロードを記録。2014年にシアトルへと移り住み制作したアルバム『Teens of Style』はPitchforkで8.1点を獲得するなど海外メディアで賞賛された。2016年、フルバンドとしては初となるスタジオ・アルバム 『ティーンズ・オブ・ディナイアル』をリリース。