Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2016.03.24イギー・ポップ、ニュー・アルバムから「American Valhalla」の音源を公開

イギー・ポップ、ニュー・アルバムから「American Valhalla」の音源を公開

パンク界のゴッド・ファーザー、イギー・ポップの新アルバム『ポスト・ポップ・ディプレッション』から「American Valhalla」の音源を公開!

新アルバム『ポスト・ポップ・ディプレッション』を先週発売し全世界で絶賛を受けているイギー・ポップが、アルバム収録曲「American Valhalla」の音源を公開した。
初週のUKチャートでは自己最高のトップ10圏内は確実視されており、68歳となる偉大なるレジェンドが今作で完全復活している。

新アルバム収録曲「American Valhalla」の試聴音源はこちら


今作「American Valhalla」では自身の築いてきた栄光と実績を踏まえながら「オレはすべてを備えた男じゃない/名ばかりの男さ/誰ひとり気づかないような/淋しく物悲しい功績」と物悲しく歌っている。

英NME誌では5点満点を獲得するなど早くも好評価を得ている新アルバムだが、イギーはアルバムの制作に入る前に、自らの費用で全てのレコー ディングを行うことを決意したという。イギーの頭の中にあるアイディアやデヴィッド・ボウイがプロデュースしたアルバム『ジ・イディオット』、『ラスト・フォー・ライフ』の レコーディング中に残したメモなどをジョシュ・ホーミに予め渡し、アルバムの構想を練っていった。

今作が最後のアルバムになるのではないかと噂される事に関してイギーは語る。
「今度のアルバムを考えた時、本当にいい作品ができたと思っている。 自分にとって23作目のアルバムだってことも気づいた。俺は数ヶ月後には69歳になるわけだけど、60歳にしてようやく俺の音楽が評価されるようになった。しかも6、7年前に比べても、今の方が人気があると実感している。このアルバムには凄く手応えを感じている。万人受けするものじゃないかもしれないけど、いい作品だという自負はある。これがきっかけで俺がこれまでやってきたことを世界中のみんなに改めて知ってもらういい機会なんじゃないかと思った。たまたまその時代に合っていなかっただけで、これまでもいい作品を出してきたと思っている。それが俺の今の心境だ。」

イギー・ポップはクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ/イーグルス・オブ・デス・メタルのジョシュ・ホーミ、アークティック・モンキーズの マット・ヘルダース、ザ・デッド・ウェザー/クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのディーン・フェルティタという最強の布陣を招集しレコーディングを行った。イギー自らも今作が最後の作品になるかも知れないと語るほどの、やりたいことをやり尽くした最高傑作がここに完成した。



メイン・シングル「Sunday」の試聴音源はこちら


先行シングル「Break Into Your Heart」の試聴音源はこちら


先行シングル「Gardenia」の試聴音源はこちら

Release Infoリリース情報

Iggy Pop - Post Pop Depression
Post Pop Depression
byIggy Pop

HSU-10060
2016.03.18 on sale / 2,400円+税
※日本盤は歌詞対訳、ライナーノーツ、ステッカー付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

47年生まれ、米デトロイト出身のロックシンガー。御年69歳。1967年にザ・ストゥージズを結成し、現在までに通算5枚、ソロとしては17枚のスタジオ・アルバムを発表。50年近い音楽キャリアを誇り、セックス・ピストルズ、ガンズ・アンド・ローゼズ、ニルヴァーナ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなど後世のビッグ・バンドに多大な影響を与えた。2010年にザ・ストゥージズとして、ロックの殿堂入りを果たした。2016年3年にリリースした『ポスト・ポップ・ディプレッション』ではUKアルバム・チャート初登場3位、USアルバム・チャートでは17位という自身最高位を獲得した。