Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2016.03.11デビュー20周年を超えたガービッジ、4年ぶり6作目となる新作のリリースが決定

デビュー20周年を超えたガービッジ、4年ぶり6作目となる新作のリリースが決定

デビュー20周年を超えたガービッジが、4年ぶり6作目となるニュー・アルバム『ストレンジ・リトル・バーズ』を6月に発売決定!

ニルヴァーナの『ネヴァーマインド』、スマッシング・パンプキンズの『サイアミーズ・ドリーム』など多数のロック界の名作を生 んだ敏腕プロデューサーのブッチ・ヴィグを中心にニューヨークで結成された、アメリカ/スコットランドのロックバンド、ガービッジ。過去に3度のグラミー賞ノミネートと35カ国以上でライヴ経験がある彼らは、デビュー20周年を迎えたことを記念して、全世界売上400万枚を突破したセルフ・タイトル・ デビュー・アルバムの20周年記念盤を昨年10月にリリースしたことが記憶に新しい。

あれから約半年、ついにファン待望の4年ぶりとなるニュー・アルバム が、来る6月に届けられることが明らかとなった。『ストレンジ・リトル・バーズ』と題された今作は、バンドにとって6枚目で、セルフ・プロデュース作品。ブッチ・ヴィグのスタジオで制作された後、ロサンゼルスのRed Razor Soundsにてレコーディングされた。テーマとなったのは、最近受け取ったファン・レターから、メンバーが幼少期に好んで聴いていた作品など、ヴァラエティに富んでいる。フロントウーマンのシャーリー・マンソン(vo)は語る。「唯一念頭に置いたのはフレッシュであることと、自分の本能に従うこと。詩的にも音的にもね。あと、これまでのガービッジのどの作品よりも控えめよ」。するとブッチは加える、「ヴォーカルも生々しく感情が表れていて、すぐに気に入ったよ」。

中には『ストレンジ・リトル・バーズ』を聴いて、バンドのデビュー・アルバムを連想する者もいるかもしれない。事実シャーリーもその一人だ。「私にとって、不思議なことに今作は最もファーストに近い作品と言えるの。あの頃の真新しい感覚っていうのか。応えるべき要求がないっていうことが理由の一つかもしれない」と彼女は話す。その理由は、今作がバンドの自主レーベルからのリリースであること。20年以上前にレーベル契約を結ぶ前に彼らが体験した、縛りのない自由な制作状況。「なんて開放的なのかしら」とシャーリーは続けた。

そんなガービッジは新作発表後、この夏はヨーロッパ各国の夏フェスへの出演が決まっている。また近い日に日本にも戻ってきてくれることに期待したい!

Release Infoリリース情報

Garbage - Strange Little Birds
Strange Little Birds
byGarbage

HSE-3446
2016.06.10 on sale / 2,400円+税
※ポラロイド風フォトカード2枚、歌詞対訳、ライナーノーツ(by 新谷洋子)付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

過去に3度のグラミー賞ノミネートと35カ国以上でライヴ経験があるアメリカ合衆国・スコットランドのロックバンド。紅一点のヴォーカル、シャーリー・マンソンの存在感とコケティッシュな魅力が特徴。アルバムの累計セールスが1500万枚を超える。影響を受けたバンドに、ロキシー・ミュージック、プリテンダーズ、 スージー・アンド・ザ・バンシーズ、カーヴ、コクトー・ツインズ、パティ・スミスやデヴィッド・ボウイなどをあげている。ライナップはシャーリー・マンソン(vo)、スティーブ・マーカー(gr / key)、デューク・エリクソン(gr / key)、 ブッチ・ヴィグ(dr., loops)。2016年6月、6枚目となるアルバム『ストレンジ・リトル・バーズ』をリリース。2017年8月、配信限定シングル「No Horses」をリリース。