Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2016.03.10イマジン・ドラゴンズのツアー・サポートも務めたサンセット・サンズがアルバム・デビュー

イマジン・ドラゴンズのツアー・サポートも務めたサンセット・サンズがアルバム・デビュー

ファンク/ソウル meets ポップ/ロック!イマジン・ドラゴンズのツアー・サポート経験もあるサーファー・バンド、サンセット・サンズがアルバム・デビュー!

出身も国籍も異なる音楽好きの4人のサーファーたちが、フランスのサーフィンのメッカであるビアリッツエリアのサーフポイント、オスゴールで出 会ったことが きっかけで結成に至ったサンセット・サンズ。気軽に始めた音楽活動だったが、その後2年間の制作、レコーディング、そしてツアー期間(なんとイマ ジン・ドラゴンズの36公演のサポートを含む!)を経て、今となっては音楽の合間にサーフィンをやるプロのミュージシャンとなった。

2013年にはEP『ル・サーフィン』を自主リリース。ほんの3日間で制作されたにも関わらず、UKのiTunesロック・チャートの6位にランクイン。マムフォード&サンズやイマジン・ドラゴンズといった、聴く者の心を躍らせる彼らのフォークよりのスタジアム・ロック・サウンドは、瞬く間に幅広いファン層を獲得した。
そんな彼らが2年の制作期間を経て完成させた中毒性の高いデビュー・アルバム 『ベリー・レアリー・セイ・ダイ』からは、ライヴ感漂うワイルドな精神とマイペースさという、そもそもこの4人をつなぎあわせた理由でもある2つの要素が感じられる。ドラマーのジェムいわく、多くの曲は「新しい経験を求めて、"人生"という長いアドベンチャーを生き抜く」ことについて書かれたものだという。

グラミー受賞プロデューサーのジャクワイア・キング(トム・ウェイツ、キングス・オブ・レオン、ジェイムス・ベイ)と、ジェームズ・ルイス(アークティック・モンキーズ他)とともにナッシュビルのブラックバード・スタジオズにてレコーディングされた今作。これまではレッド・ホット・チリ・ペッパーズやキングス・オブ・レオンらと比較されていた彼らの音楽も、今となっては「ファンク/ソウルがポップ/ロックに出会った」と形容される、独自のものとなった。

現在、最新曲「Somewhere Maybe」と、「She Wants」のミュージック・ビデオが公開中となっている。


「Somewhere Maybe」のミュージック・ビデオはこちら:


「She Wants」のミュージック・ビデオはこちら:

Release Infoリリース情報

Sunset Sons - Very Rarely Say Die
Very Rarely Say Die
bySunset Sons

HSE-6080
2016.05.11 on sale / 2,100円+税
※初回仕様限定:ボーナストラック・ダウンロードコード付ステッカー封入(フォーマット:mp3)。歌詞対訳、ライナーノーツ(山口智男)付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

フランスの南西に位置するサーフ・タウン、オスゴールを拠点に活動する、イギリスとオーストラリア出身のメンバー、ロリー、ピート、ジェド、ロブから成る4ピース・バンド。2012年にピートのいとこが所有するバー、ル・サーフィンで出会う。そこで即興でカラオケを披露したロリー(実は人前で歌ったのはこれが初めて)の才能にジェドが気付き、酔った勢いもあってバンドを結成することとなる。そこにロブとピートも加わり、4人組バンド、サンセット・サンズが誕生した。2013年にはEP『ル・サーフィン』を自主リリース。イマジン・ドラゴンズのサポートを含む約2年間のツアーを経て、2016年デビュー・アルバム『ベリー・レアリー・セイ・ダイ』を完成させた。