Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2016.02.24エルトン・ジョンも大絶賛のSSW、ジョン・グラントの最新アルバムの日本盤詳細が決定

エルトン・ジョンも大絶賛のSSW、ジョン・グラントの最新アルバムの日本盤詳細が決定

ジョン・グラント、Hostess Club Presents Sunday Special出演直前にリリースする最新アルバムの日本盤詳細が明らかに!「Down Here」のMVが公開中‼︎

先日、4月10日(日)に開催されるHostess Club Presents Sunday Specialへの出演がアナウンスされ、待望の初来日が決定したジョン・グラントが、来日直前となる4月6日(水)に、最新アルバム『グレイ・ティックルズ、ブラック・プレッシャー』で日本盤デビューを果たす。

前作『ペール・グリーン・ゴースツ』が国内外の数々のメディアで年間ベスト・アルバムに選出され、コアな音楽ファンのレーダーにはかなり前から引っかかっていたジョン・グラント。現在アイスランド在住の彼は、2014年にリリースされ、ここ日本でも爆発的なヒットを記録したアウスゲイルのデビュー・アルバムの英詞を手掛けたことでも話題となった。

最新作『グレイ・ティックルズ、ブラック・プレッシャー』は、海外では昨年10月にリリースされたジョンの3枚目のスタジオ・アルバム。アイスランドでレコーディングされた前作と打って変わって、テキサスでジョン・コングルトン(セイント・ヴィンセント、フランツ・フェルディナンド、スワンズ)をプロデューサーに迎え制作。収録曲「Disappointing」ではトレイシー・ソーンが、 その他にもアメリカ人ヴォーカリストのアマンダ・パーマーや元バンシーズのドラマー、バッジーらが今作にゲスト参加している。
タイトルの"グレイ・ティックルズ"は、 アイスランド語の"中年の危機"を、"ブラック・プレッシャー"はトルコ語の"悪夢"をそれぞれ直訳したものだという。母国語の他にドイツ語とロシア語、そしてアイスランド語が堪能であるジョンらしいネーミングだ。



これまで自身がゲイであることやHIVに感染していることなどをオープンに公表してきたジョン。そんな彼の包み隠さない等身大のキャラクターが、周りを惹きつける魅力のひとつでもある。プライベートでも親交があり、自身の40周年記念アルバム 『Goodbye Yellow Brick Road』で楽曲「Sweet Painted Lady」をコラボレーションしたエルトン・ジョンは、BBCのラジオ番組6 Musicに出演した際に、ジョンについて次のように話していた。「ジョン・グラントの作品は大好きだよ。もちろん彼自身のこともね。間違いなくこの 時代における最も重要なアーティストの一人だと思うよ。交流を持つようになって3年あまり経つけど、楽しい時も苦しい時も見てきた。彼をすごく誇りに思うよ、なぜなら彼がすごくダークなところから這い上がってきたことを知っているからね。彼がガーディアン紙でHIVに感染していることを打ち明けた時、これまでのしかかっていた重りから解放され、まるで再び空を飛べるようになったみたいだった。その後ジョンは素敵なボーイフレンドとも出会えたし、素晴らしい音楽で成功を収めた。みんな彼のことが大好きだし、アーティストとしてとても重要な存在なんだ。この先も永遠に存在し続けるようなね。彼には伝えたいことがたくさんあるから、人々は常に彼の音楽に耳を傾けるだろう。その伝え方がまたウィットに富んでいて最高。まるでゲイのゲイリー・ニューマンみたいなんだよ。とにかく僕は彼のことが大好きなんだ。一緒に『Sweet Painted Lady』を歌った時もすごく楽しかったし、彼のことで好きじゃないことなんてひとつとしてないよ」。
一方のジョンは話す。「これからもチャレンジし続けたい。色んな人とコラボレーションして、自分が求めるサウンドや方向を見つけ出し、そこを目指したいんだ。恐れずに危険に立ち向かっていきたいよ」と。


現在、アルバムからの最新シ ングル「Down Here」のビデオが公開中。

最新シングル「Down Here」のミュージック・ビデオはこちら:


いよいよ今週末より一般発売がスタートする、ジョンも出演するSunday Specialのチケット。初日本盤化となる新作と共に実現するジョン・グラントの初来日公演をお見逃しなく!



来日情報 Hostess Club Presents Sunday Special 出演:Travis / Ben Watt Band feat. Bernard Butler / John Grant / Lapsley
日時 / 会場:2016/4/10(日)Tokyo Dome City Hall
Open / Start:12:00 / 13:00
チケット:¥8,500(ドリンク代別途 / スタンディング)¥9,500 (ドリンク代別途 / 指定席)
Hostess Entertainmentメルマガ会員&クリエイティブマン3A会員対象チケット
一般プレイガイド発売日:2/27(土)
<問>クリエイティブマン 03-3499-6669
公演オフィシャルサイト:http://ynos.tv/hostessclub/schedule/201604hcss/
主催:Hostess Entertainment / Creativeman
制作・招聘:Creativeman
※未就学児(6歳未満)のご入場をお断りさせていただきます。

Release Infoリリース情報

John Grant - Grey Tickles, Black Pressure
Grey Tickles, Black Pressure
byJohn Grant

HSE-3902
2016.04.06 on sale / 2,100円+税
※初回仕様限定盤のみボーナストラック・ダウンロードコード付ステッカー封入(フォーマット: mp3)、歌詞対訳、ライナーノーツ(赤尾美香)付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

元ザ・サーズのヴォーカリスト。バンド解散後、ソロ活動を開始し2010年に1作目『クイーン・オブ・デンマーク』を<Bella Union>からリリース。英MOJO誌の年間ベスト・アルバムに選出される等話題となった。2013年の2作目『ペール・グリーン・ゴースツ』はラフ・トレード・ショップス2013年年間ベスト・アルバム1位獲得した。2014年には英詞を手がけたアウスゲイルのデビュー・アルバム『イン・ザ・サイレンス』が世界で大ヒットを記録し、ブリット・アワードにおいて「最優秀インターナショナル男性ソロ・ アーティスト」にもノミネートされた。16年、3作目『グレイ・ティックルズ、ブラック・プレッシャー』(全英5位)で待望の日本盤デビューを果たし、4月のHostess Club Presents Sunday Specialにて初来日公演も敢行。ドラマーにバッジー(スージー・アンド・ザ・バンシーズ)を迎えた豪華バンドを率いての初来日は大きな話題となった。同年8月、HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERで再来日を果たす。