Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2016.01.29ベン・ワット、前作『ヘンドラ』から2年という早い期間で新作アルバムをリリース

ベン・ワット、前作『ヘンドラ』から2年という早い期間で新作アルバムをリリース

元エヴリシング・バット・ザ・ガールのベン・ワットが31年振りとなった前作『ヘンドラ』から、2年という早い期間で新作アルバムをリリース!

31年振りのソロ・アルバム『ヘンドラ』をリリースして2年、元エヴリシング・バット・ザ・ガールの顔として、また90年代にはオルタナ・ポップ・シーンの代表的存在として大成功を収めたベン・ワットが新作アルバム『フィーヴァー・ドリーム』をリリースする。

今作アルバムはセルフ・プロデュースで制作され、ロンドンの有名スタジオ、RAK Studio 2にてレコーディングされた。マスタリングにはボブ・ラドウィグ、エンジニアにはブルーノ・エリンハムを起用し前作『ヘンドラ』の疾走するフォーク・ジャズは継承され、ソウルフルで歪んだロックとフレッシュな激しさという新たな側面が今作では生かされている。長年の友人であり前作でもコラボレーションした元スウェードのバーナード・バトラーが今作でも参加、ボストンのシンガー・ソングライター、メリッサ・ナドラーとヒス・ゴールデン・メッセンジャーのM.C.テイラーも参加している。

「メリッサ・ナドラーの歌声はゴシックで透き通っているんだけど柔らかくて、深いんだよ。彼女がアルバムの最後の曲「New Year of Grace」にぴったりだと思ったんだ。その曲はアルバムの最初の曲「Gradually」のアンサー・ソングでもあるんだけど。彼女はロンドンに24時間しか居ないっていうから、Twitterでメッセージを送ったら、引き受けてくれたんだ。」とメリッサ・ナドラーとの共演についてベン・ワットは言う。更に他のコラボレイターに関してもベンは語る「今自分が持っている関係性をより深めたいと思ったんだ。2年間もバーナード・バトラーとツアーをしてライブをやってきて強い絆を作る事ができた。俺達は感傷的にならずに熱心にそして自然発生的に音楽を作ってきた。俺達は少人数で小さな部屋の中でライブをしながら曲を作ったんだ。ドラム/パーカッションは長年の盟友マーティン・ディッチャム(エルトン・ジョン、ローリング・ストーンズ、シャーデーなど)、レックス・ホラン(ローラ・マーリン)と一緒にやってフォークやジャズ、ロックといった垣根を飛び越える事ができたんだ。」

今作に関してベンは「ツアーから戻った後、自分の人生と向き合ったんだ。親友はどこかに行ってしまって、自分自身の大切な関係性が試されたんだ。俺は愛がどのように移り行くのか、何を耐え忍び、どの様に向き合うのか、そういった事の断片を切り取りたいと思ったんだよ。そして、それが曲になったんだ。幾つかの曲はダークで困難に溢れた曲で他の曲はソフトで希望に溢れた曲だよ。アルバムの前半はへヴィーで後半は軽快と言えるかな。只単に曲を集めたというよりは変わっていく感覚を表したアルバムなんだ。今までこんな事はやった事なかったけどね。」と語っている。

先行シングル「Gradually」のビデオ・リンクはこちら:

Release Infoリリース情報

Ben Watt - Fever Dream
Fever Dream
byBen Watt

HSU-10064
2016.04.08 on sale / 2,400円+税
※日本盤はボーナストラック2曲、歌詞対訳、ライナーノーツ付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

英ロンドン出身のアーティスト/プロデューサー。82年に公私ともにパートナーのトレイシー・ソーンとエヴリシング・バット・ザ・ガールを結成し、84年に『エデン』でアルバム・デビュー。99年の活動休止までに10枚のスタジオ・アルバムを発表。初期のネオアコ・サウンドから中期のエレクトロニック・サウンドが人気となり全英・全米チャートのトップ10にもチャートインするなど世界的に大ブレイクを果たした。ソロとしては83年に『ノース・マリン・ドライヴ』でアルバム・デビュー。現在は<Buzzin' Fly>や<Strange Feeling>など音楽レーベルを主宰している。 14年に31年振りとなるソロ・アルバム『ヘンドラ』をリリースし、Summer Sonicに出演。更には同年にソロ公演で再来日を果たす。16年、前作から2年という早いタイミングで最新作『フィーヴァー・ドリーム』をリリース。4月にはアルバムの制作にも参加した元スウェードのバーナード・バトラーとともにHostess Club Presents Sunday Specialにて来日し満員の会場を沸かせた。そして9月、なんとバーナードもフィーチャーした豪華バンドセットでの単独再来日公演が決定!