Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2016.01.28ソウルワックス、約11年ぶりとなる新作は何とサントラ!収録楽曲のビデオも公開に

ソウルワックス、約11年ぶりとなる新作は何とサントラ!収録楽曲のビデオも公開に

ソウルワックス、フェリックス・バン・ヒュルーニンゲン監督の新作映画『ベルヒカ』のサウンドトラックが完成!収録楽曲「How Long」のビデオが公開!

ベルギー出身の大人気ダンスロック・バンド、ソウルワックス。DJデュオ、2 Many DJsとしても活動し、ダンスとロックを縦横無尽に駆け回るようなその斬新なスタイルはクラブファン、ロックファンの垣根を越えてカルト的な人気を誇っています。
そんなソウルワックス、約11年ぶり、待望の新作はなんとサントラ!『オーバー・ザ・ブルースカイ』でアカデミー外国語映画賞にもノミネートされたベルギー人監督、フェリックス・バン・ヒュルーニンゲンの新作映画『ベルヒカ (Belgica)』のサウンドトラックをプロデュースし、4月6日(水)にリリースされることが決定しました。
実話を元に制作された映画は2000年にベルギー第3の都市ヘントにバーをオープ ンしあっという間に夜の世界へと吸い込まれていくある兄弟の物語を描いており、ソウルワックスは映画で使用される全楽曲を書き下ろし、登場人物全員のアレンジやレコーディングに携わったとのこと。バリエーションの富んだ楽曲から、ひとりひとりが主人公として成長していく姿が見られるそうです。

映画『ベルヒカ(Belgica)』のトレイラー映像はこちらから:


全ての楽曲はヘントにあるソウルワックスの新しいスタジオ、Deeweeにてデイヴィッド&ステファンのディワーラ兄弟によって制作、ミックス、プロデュースさらにはレコーディングまで12ヶ月に渡って行われました。既に本年のサンダンス映画祭での上映も行われた本作の楽曲制作についてバンドはこう語っています。

「映画に登場するクラブで演奏するための完全オリジナルの楽曲をレコーディングしたんだ。音楽を書くところからリハーサル、セットの中でのバンドの演奏を録音するところまでね。クラウト・テクノ・バンドであるWhite Virgins、サイコビリー・トリオ、They Liveやハードコア集団、Burning Phlegm(これにはセパルトゥラのイゴールが参加してくれてる)、ネオ・ソウル・ポップでまた違う範囲の音楽も表現してくれている女性シンガー、Charlotteまで多岐に渡るバンドが参加してくれたよ。」

とはいってもこれらのアーティストたちは映画の為に結成された空想のもの。
その中からThe Shitzが作中で披露する楽曲「How Long」の映像が公開されています。

The Shitz「How Long」はこちらから

Release Infoリリース情報

Various Artists - Belgica - Original Soundtrack by Soulwax
Belgica - Original Soundtrack by Soulwax
byVarious Artists

HSE-3340
2016.04.06 on sale / 2,100円+税
※初回仕様限定:ボーナストラック1曲ダウンロードコード付ステッカー封入(フォーマット:mp3)。歌詞対訳、ライナーノーツ付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

1992年に結成したベルギー出身の大人気ダンスロック・バンド。バンドの中心メ ンバーであるディワーラ兄弟(ヴォーカルのステファンとギターのデイヴィッド)はDJデュオ、2 Many DJ(トゥー・メニー・ディージェイズ)としても活動。2000年ごろから、地元でのパーティを中心に2 Many DJsとしても活動を開始。そして2002年には、2 Many DJs唯一の公式盤『アズ・ハード・オン・レディオ・ソウルワックス・パート2』をリリースする。エレクトロ、クラシック・ロック、ファンク、R&Bなどといった雑多なジャンルの楽曲を矢継ぎ早に繋 いでいく個性的なスタイルは、瞬く間に話題を呼び、同年の年間ベスト・アルバ ムに多くの雑誌で選ばれた。そして2004年には、ソウルワックスとして3作目  『エニー・ミニッツ・ナウ』をリリース。2 Many DJsとしての活動の成果が反映されてか、ラウドなギターは残しつつも、以前よりもダンス・ビートを主体としたクラブ・ミュージック志向のサウンドが聴けるようになっている。翌2005年には、『エニー・ミニッツ・ナウ』をクラブ向けにリアレンジしたアルバム『ナイト・ヴァージョンズ』を送り出す。同作に伴うツアーでは、生バンドの演奏によってDJ的に曲をミックスして繋いでいくというパフォーマンスを披露し、その斬新なスタイルで大きな話題を呼んだ。2016年4月には、突如『オーバー・ザ・ブルースカイ』でアカデミー外国語映画賞にもノミネートされたベルギー人監督 フェリックス・バン・ヒュルーニンゲンの新作映画『ベルヒカ』の音楽を、ソウルワックスが手がけた。あれから1年あまり、ソウルワックスが12年ぶりとなるオリジナル・アルバム『フロム・ディーウィー』を2017年3月に緊急リリース。