Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2016.01.27ベン・ハーパー、9年振り新作のリリースが決定&先行シングルの音源を公開

ベン・ハーパー、9年振り新作のリリースが決定&先行シングルの音源を公開

ベン・ハーパーがベン・ハーパー&ジ・イノセント・クリミナルズ名義としては9年振り新作『コール・イット・ワット・イット・イズ』をリリース!

ベン・ハーパーがベン・ハーパー&ジ・イノセント・クリミナルズ名義としては9年振り新作『コール・イット・ワット・イット・イズ』を4月8日(金)にリリースする。
近年では2013年にリリースしたベン・ハーパー・ウィズ・チャーリー・マッスルホワイト‎『ゲット・アップ!』がグラミー賞最優秀ブルース部門を受賞し、昨年母親と共作したベン&エレン・ハーパー『チャイルドフッド・ホーム』で多くの媒体から称賛を受けた。今まで3度グラミー賞を受賞してきた大物アーティストが満を持してカムバックする!

アルバム情報のアナウンスと共にベン・ハーパーは先行シングル「Pink Balloon」の音源を公開しました。

先行シングル「Pink Balloon」の試聴音源はこちら
https://soundcloud.com/ben-harper/pink-balloon



更にベン・ハーパーは先日、米TV番組「ジミー・キンメル・ライブ」に出演し先行シングル「Pink Balloon」を演奏しました。

先行シングル「Pink Balloon」のスタジオ・ライブ映像はこちら


ベン・ハーパーがジ・イノセント・クリミナルズと最後に演奏してから7年が経ち、2015年に再結成ツアーを始める時にバンドのパーカッション担当、レオン・モブリー、ベースのフアン・ネルソン、ドラムのオリヴァー・チャールズ、キーボードのジェイソン・イェーツ、そしてギターのマイケル・ワードはベンがただ単に昔の楽曲を再訪する以上の事を求めていると直ぐに感じた。 実際にはベンは新作アルバム用の素晴らしい楽曲を素早く書き上げ、直ぐにレコーディングが開始されたという。ジ・イノセント・クリミナルズは1993年に活動を開始してから2008年まで、多くのベン・ハーパー作品に関わってきた。ベン・ハーパー&ジ・イノセント・クリミナルズ名義では2007年にグラミー賞にノミネートされた『ライフライン』を筆頭に『ファイト・フォー・ユア・マインド』、『ザ・ウィル・トゥ・リヴ』、『バーン・トゥ・シャイン』など数々の名作を制作してきた。更には 2005年のグラミー賞2冠作品『ゼア・ウィル・ビー・ア・ライン』のアルバム制作にも関わっている。

ベン・ハーパーは久々のジ・イノセント・クリミナルズとの作品に関して語る。
「俺たちが久々に集まった時に今までの曲をやり直すのではなく、今までにないような事を新しい楽曲でスタートさせればもっとエネルギーと生気に満ち溢れると考えたんだ。 新天地で音楽的にも個人的にも鍛えなおすきっかけだったんだ。」

Release Infoリリース情報

Ben Harper & The Innocent Criminals - Call It What It Is
Call It What It Is
byBen Harper & The Innocent Criminals

HSU-10066
2016.04.08 on sale / 2,400円+税
※日本盤はボーナストラック、歌詞対訳、ライナーノーツ付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

1969年カリフォルニア、クレアモント生まれ。94年にデビュー・アルバム『ウェルカム・トゥ・ザ・クルーエル・ワールド』をリリース。1999年に当時無名だったジャック・ジョンソンの才能をいち早く見いだしデビューへの手助けを行う。2006年にリリースしたダブル・アルバム『ボウス・サイズ・オブ・ザ・ガン』は全米チャートでトップ10入り、日本でも10万枚に迫るセールスを記録するなど大ヒットを記録。ジャック・ジョンソンをはじめ「サーフ・ミュージック」のアーティストとも交流が深く、シーンからも絶大な支持を獲得している。フジロックには2004年、2009年、2016年に出演している。

Ben Harper & The Innocent Criminals
バンド・メンバー : ギター/ボーカルのベン・ハーパー、パーカッションのレオン・モブリー、ベースのフアン・ネルソン、ドラムのオリヴァー・チャールズ、キーボードのジェイソン・イェーツ、そしてギターのマイケル・ワード。