Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2016.01.13トラヴィスが8作目となるニュー・アルバムのリリースを発表、新MVも公開

トラヴィスが8作目となるニュー・アルバムのリリースを発表、新MVも公開

UKを代表するロック・バンド、トラヴィスが8作目となるアルバム『エヴリシング・アット・ワンス』のリリースを発表!「3 Miles High」のビデオも公開!

UKを代表するロック・バンド、トラヴィスが8作目となるアルバム『エヴリシング・アット・ワンス』をバンド自らが運営するレーベル、Red Telephone Boxからリリースする事を発表しました。今作はバンド・メンバーにより楽曲制作が行われ、プロデューサーにはマイケル・イルバートを起用。ベルリンの伝説的スタジオであるハンサ・スタジオにて録音された。今作アルバムでもトラヴィスのトレード・マークである暖かなボーカルと美しいメロディーは健在。そして彼らが前7作で培った経験と自信を惜しげもなく注ぎ込んでいる。

アルバム発表と同時にトラヴィスはベルリンにて撮影されたアルバム収録曲「3 Miles High」のビデオも公開しました。特製の大人用だっこ紐に乗ったバンド・メンバーが屈強な男達に担がれる様はシュールでバンドのユニークな面を映し出している。今作ビデオはボーカルのフラン・ヒーリィがディレクションを手掛けている。アコースティックな美メロが響くハート・ウォーミングな「3 Miles High」にはノルウェーの若手女性シンガー、オーロラをバック・ボーカルとして起用しています。

今作アルバムには3分以内の曲が多数収録されている件に関して、ボーカルのフラン・ヒーリィは語る。
「歓迎に対して長居するべきではないんだ。曲を制作する時に倹約的になることを学んだんだよ。自分達が言いたい事は全て伝えられるはず。只、4分間は必要ないってだけなんだ。」

「3 Miles High」のミュージック・ビデオはこちら


1996年のデビュー以来、『ザ・マン・フー』、『インヴィジブル・バンド』等、数々の世界的大ヒット・アルバムを生み出し、レディオヘッドやオアシス、コールドプレイと並び英国ロック界を引率してきたグラスゴー出身4ピース・バンド、トラヴィス。その力強いロック・アンサンブルと、トレードマークとも言えるメランコリックで美しいメロディで世界中のファンから愛されている。ブリット・アワードを2度受賞、通算で800万枚以上のアルバム売上を誇る。前作『ウェア・ユー・スタンド』はUkチャート3位を獲得し、今も彼らがイギリスの国民的バンドである事を再認識させられた。

Release Infoリリース情報

Travis - Everything At Once
Everything At Once
byTravis

HSU-12060
2016.04.29 on sale / 2,400円+税
※日本盤はボーナストラック(2曲)、歌詞対訳、ライナーノーツ付
≫ More Info

Release Infoリリース情報

Travis - Everything At Once (Deluxe)
Everything At Once (Deluxe)
byTravis

HSU-12062-63
2016.04.29 on sale / 3,300円+税
※日本盤はボーナスDVD、ボーナストラック(2曲)、歌詞対訳、ライナーノーツ付
※ボーナスDVDにはフロントマンのフラン・ヒーリィが監督した本作『エヴリシング・アット・ワンス』の一部楽曲の映像作品(約30分)を収録!
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

スコットランドはグラスゴー出身、レディオヘッドやオアシス、コールドプレイと並び英国を代表するロック・バンド。1997年『グッド・フィーリング』でアルバム・デビューを果たすと、99年ナイジェル・ゴドリッチをプロデューサーに迎えたセカンド・アルバム『ザ・マン・フー』をリリース。この作品が全英チャートの1位を獲得し、全世界で約400万枚のセールスを記録。サード・アルバム『インヴィジブル・バンド』(2001年)は全英チャート初登場1位、全世界で約300万枚を売り上げUKトップ・バンドとしての地位を確実なものとした。2013年、Hostess Club Weekenderのヘッドライナーとして来日し、通算7枚目となる待望のニュー・アルバム『ウェア・ユー・スタンド』をリリースした。2015年11月に突如新曲「Everything At Once」のミュージックビデオを公開し、新作アルバムへ向けて動きだしていた。2016年4月に開催されるHostess Club presents Sunday Specialにてヘッドライナーとして出演し、夏にはフジロック・フェスティバルにて日本への帰還を果たした。