Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2015.12.08第58回グラミー賞ノミネートが発表、アラバマ・シェイクスが全6部門にノミネート

第58回グラミー賞ノミネートが発表、アラバマ・シェイクスが全6部門にノミネート

2016年度、第58回グラミー賞ノミネート・アーティストが遂に発表!!アラバマ・シェイクスが主要1部門含む全6部門にノミネート!

米音楽界最高の栄誉である第58回グラミー賞のノミネート・アーティストが昨晩日本時間の午後11時に一挙に発表されました!
ホステスファミリーからは全6アーティストがノミネート!
アラバマ・シェイクスの『サウンド&カラー』が主要1部門含む全6部門に見事ノミネート



アラバマ・シェイクス『サウンド&カラー』
●最優秀アルバム賞
●最優秀ロック・パフォーマンス賞
●最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム賞
●最優秀ロック楽曲賞
●最優秀アルバム技術賞(クラシック以外)
●年間製作者賞(クラシック以外)(アルバム・プロデューサー、ブレイク・ミルズのノミネート)


ジェイミー・エックス・エックス『イン・カラー』
●最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバム賞


カリブー『アワー・ラヴ』
●最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバム賞


テーム・インパラ『カレンツ』
●最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム賞


ウルフ・アリス『マイ・ラヴ・イズ・クール』
●最優秀ロック・パフォーマンス賞


ザ・デッド・ウェザー『ドッジ・アンド・バーン』
「I Feel Love (Every Million Miles)」
●最優秀ミュージック・ビデオ賞



どれも傑作揃いの豪華ノミネーションとなりました!アラバマ・シェイクスで「年間製作者賞(クラシック以外)」でプロデューサーとしてノミネートされたブレイク・ミルズもなんとホステスファミリー!
どの作品も各メディアでの評価は高く、今年の年間ベスト・アルバムにチャートインも多数!この機会に聴くことを強くお勧めします!

なお、第58回グラミー賞授賞式は現地時間2016年2月15日に米ロサンゼルスにて開催されます。全部門のノミネート作品はオフィシャルサイト(英語サイト)まで。
http://www.grammy.com/nominees


ホステス、ノミネート・アーティストまとめYouTubeリストはこちら:


アデル、べック、ゴティエ、レディオヘッド等など、名だたるアーティスト達が受賞経験を持つこの音楽界最高の栄誉ある賞を誰が受賞するのか、発表まで目が離せません!

Release Infoリリース情報

Alabama Shakes - Sound & Color
Sound & Color
byAlabama Shakes

BGJ-10237
2015.04.22 on sale / 2,371円+税
※ボーナストラック2曲、歌詞対訳、ライナーノーツ付
≫ More Info

Release Infoリリース情報

Jamie xx - In Colour
In Colour
byJamie xx

BGJ-10235
2015.06.03 on sale / 2,371円+税
※ボーナストラック4曲、ライナーノーツ付
≫ More Info

Release Infoリリース情報

Caribou - Our Love
Our Love
byCaribou

HSE-60199
2014.10.01 on sale / 2,371円+税
※ボーナストラック、歌詞対訳、ライナーノーツ付
≫ More Info

Release Infoリリース情報

Tame Impala - Currents
Currents
byTame Impala

HSU-12034-35
2015.07.22 on sale / 2,400円+税
※日本盤はボーナスディスク付
≫ More Info

Release Infoリリース情報

Wolf Alice - My Love Is Cool
My Love Is Cool
byWolf Alice

HSU-10036
2015.06.24 on sale / 2,400円+税
※日本盤はボーナストラック4曲、歌詞対訳、ライナーノーツ付
≫ More Info

Release Infoリリース情報

The Dead Weather - Dodge & Burn
Dodge & Burn
byThe Dead Weather

HSE-6000
2015.10.07 on sale / 2,400円+税
※日本盤は歌詞対訳、ライナーノーツ、ステッカー付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

Alabama Shakes:
米アラバマ州アセンズ出身の4人組バンド。ソウル、ブルース、ロックを基調としたサウンド。黒人女性ヴォーカルのブリタニー・ハワードを中心に4人で結成。12年、 <ラフ・トレード>から発表したデビュー・アルバム『ボーイズ&ガールズ』はアデルやボン・イヴェール、アレックス・ターナーなど多くの有名人が絶賛。更に第55回グラミー賞の新人賞にノミネートされた。13年1月の初来日公演は完売となる大成功を収めた。15年4月、セカンド・アルバム『サウンド&カラー』をリリース。同アルバムは全米1位、カナダ1位、全英6位を記録。第58回グラミー賞で最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム賞含む全4部門を受賞した。16年、約4年振りとなるジャパンツアーを行う。

Jamie xx:
UKの最高峰音楽賞マーキュリー・プライズを受賞したロックバンド、ザ・エックス・エックスのメンバー兼プロデューサー。ドレイク、アリシア・ キーズ、リアーナをプロデュースし、リミキサーとしてアデル、レディオヘッド、フォー・テット、ギル・スコット・ヘロンを手掛けている。09年の デビュー作『エックス・エックス』は全英3位とプラチナム・アルバム、12年発表の2作目『コエグジスト』で全英1位/全米5位を獲得。15年にソロ・デビュー作『イン・カラー』をリリース。国内外の媒体で年間ベストアルバムの上位に選出され、第58回グラミー賞最優秀ダンス/エレクトロニックアルバム賞にノミネートされた。

Caribou:
カナダ出身ロンドン在住、ダン・スナイスのソロ・プロジェクトとしてマニトバ名義で活動をスタート。エレクトロニカ/音響系レーベル<Leaf>からアルバム3作を発表、全てロングセールスを記録。05年、フォー・テット、ムーギーソンと共に来日公演を行う。07年 "City Slang" へ移籍し4thアルバム『アンドラ』を発表。クラウトロック・サイケ色の強い作風が話題を呼び、カナダの"マーキュリー・プライズ" にあたる国民的音楽賞、ポラリス・ミュージック・プライズを受賞した。10年には5枚目のアルバム『Swim』をリリース。同作品もポラリス・ミュージック・プライズにノミネートされる。また、同年7月に代官山Unitで単独来日公演を行い、12年にはフジロックフェスティバルのホワイトステージでパフォーマンスを行った。14年、約4年ぶりのニュー・アルバム『アワー・ラヴ』をリリース、多くの媒体で2014年度の年間ベスト上位を獲得。2015年2月に行われたHostess Club Weekenderに出演した。

Tame Impala:
ケヴィン・パーカー(Vo./Gt.)、ドミニク・シンパー(Gt. & Synth)、ジェイ・ワトソン(synth)、キャム・エイブリー(Ba.)、ジュリアン・バルバッガロ(Ds.)から成る、オーストラリア・パース出身の5人組サイケデリック・ロックバンド。08年にEPデビューを飾ると、60年代後半のロックに大きな影響を受けたストレートなサイケデリック・ロック・サウンドが世界で大ブレイク。翌09年にサマソニで初来日。10年に<Modular>から『インナースピーカー』でアルバム・デビュー。12年に発表した2作目『ローナイズム』が世界中で大ヒットしNME誌の年間ベスト1位を獲得するとフジロック'13で再来日し強烈なインパクトを残した。14年、第56回グラミー賞において『ローナイズム』が「最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム」にノミネートされ話題をさらう。15年の米コーチェラ・フェスティバルでAC/DCに次ぐ準トリとして出演を飾り、3枚目となるニュー・アルバム『カレンツ』をリリース。同作で第58回グラミー賞「最 優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム」に再びノミネート、売り上げは全世界で40万枚を突破するなど現在世界で最も熱い視線を集めるバンドとなっている。

Wolf Alice:
2010年に女性シンガーのエリー・ロウゼルとジョフ・オディの二人で結成。自主制作で『ウルフ・アリス EP』をデジタルのみでリリース後、ドラマーのジョエル・アメイとベースのセオ・エリスがバンドに加入。イギリスBBCが毎年発表している期待の新人候補リスト「Sound Of 2015」にノミネートされ、期待の新人として一気に注目を集めた。2015年6月にはデビュー・アルバム『マイ・ラヴ・イズ・クール』をリリース、本国イギリスでチャート初週2位をマークしゴールド・アルバムを獲得した。同作はグラミー賞(最優秀ロック・パフォーマンス部門)にノミネート、ブリット・アワード(新人賞)、マーキュリー・プライズ、アイヴァー・ノヴェロ賞、NMEアワード9部門ノミネート&2部門を受賞し、大ブレイクを果たした。2015年8月にサマーソニックで初来日、2016年1月には東京と大阪にてジャパン・ツアーを行った。最近では話題の映画『トレインスポッティング2』に楽曲「Silk」が使用され世界中から注目を集めた。2017年9月にセカンド・アルバム『ヴィジョンズ・オブ・ア・ライフ』をリリース。2017年、10月には東京 / 大阪を周るジャパン・ツアーを実施する。
ウルフ・アリスというバンド名はアンジェラ・カーターの小説に由来しており、影響を受けたアーティストとしてキングス・オブ・レオン、ピクシーズ、ヤー・ヤー・ヤーズ、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ等を挙げている。
【バンドメンバー】エリー・ロウゼル(Vo / G)、ジョフ・オディ(G / Vo)、セオ・エリス(B)、ジョエル・アメイ(Dr / Vo)

The Dead Weather:
ホワイト・ストライプスの要であり、ザ・ラカンターズの司令塔であるジャック・ホワイトのサイド・プロジェクト、ザ・デッド・ウェザー。2008年に行なわれたザ・ラカンターズのツアー最後の5公演に、ジャック・ホワイトが気管支炎になってしまい、一緒にツアーを回っていたザ・キルズのアリソン・モシャートにゲスト・ヴォーカルを依頼したことがきっかけで始まったプロジェクト。同ステージに手ごたえを感じたジャックは、ザ・ラカンターズのベース、ジャック・ローレンスとクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのギタリスト、ディーン・ファーティタ、そしてアリソンに声をかけ、ザ・デッド・ウェザーを結成、2009年7月にアルバム『狂おしき香り』でデビュー。2010年5月にはセカンド・アルバム『シー・オブ・カワーズ』を、そして2015年9月、5年ぶりとなるサード・アルバム『ドッジ&バーン』をリリースした。