Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2015.12.02チャーチズ、最新作から「Empty Threat」のミュージック・ビデオを公開

チャーチズ、最新作から「Empty Threat」のミュージック・ビデオを公開

グラスゴーのエレクトロ・ポップ・バンド、チャーチズが最新作『エヴリ・オープン・アイ』から「Empty Threat」のミュージック・ビデオを公開!

セカンド・アルバム『エヴリ・オープン・アイ』をリリースし、その変わらぬキラキラとしたエレクトロ・サウンドが彼らの地元スコットランドのチャートではなんと1位を獲得、そして英チャートでは4位、全米チャートでも8位を獲得するなど国内外で高評価を得ているグラスゴーのエレクトロ・ポップ・バンド、チャーチズ。
各媒体の年間ベストアルバムにも顔を出し始めている最新作よりシングル「Empty Threat」のミュージック・ビデオを公開しました!
本楽曲についてバンドは以下のように語っています。

『私たちが新しい曲に取り掛かるときはいつでも、そのトラックとか楽器とかその他諸々の要素のちょうどいいバランスを見つけるのがとても大切なの。明るいメロディと暗い歌詞やキラキラしたシンセとザラッとした質感の間のテンションみたいにね。それが私たちのやっていることの代名詞とも言えると思う。「Empty Threat」の制作過程ではそういったものの正しい組み合わせを見つけられるようにすごく頑張ったから、結果としてチャーチズというバンドの真髄を捉えられたの。 』

ミュージック・ビデオの監督はバンドとも親交の深い若手バンド、ハイムの映像も手掛けるオースティン・ピータースが担当。楽曲のイメージともぴったり作品に仕上がっています!

チャーチズ、「Empty Threat」のミュージック・ビデオはこちら:


チャーチズ日本公式サイト:http://hostess.co.jp/chvrches/

※最新アルバム『Every Open Eye』iTunes配信中!(高音質Mastered For iTunes仕様)
https://itunes.apple.com/jp/album/every-open-eye-special-edition/id1015827170?app=itunes&ls=1&at=11lwRX

Release Infoリリース情報

CHVRCHES - Every Open Eye
Every Open Eye
byCHVRCHES

HSE-60222
2015.09.25 on sale / 2,371円+税
※ボーナストラック4曲、歌詞対訳、ライナーノーツ(伊藤なつみ)付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

グラスゴー出身のローレン・メイベリー(Vo)、マーティン・ドハーティ(Key,Vo)、イアン・クック(Key,B,Vo)で結成した3人組 バンド。注目新人を選ぶBBCサウンド・オブ・2013で5位を獲得。レーベル契約前からネットを中心に人気が爆発。2013年3月、配信と12 インチシングルで『リカヴァーEP』を発表。同月に出演した米テキサス州オースティンで行なわれた世界最大の音楽コンベンションSXSWでは、会場に詰めかけたオーディエンスと音楽関係者で超満員となった。海外ではデペッシュ・モード、トゥー・ドア・シネマ・クラブのサポートを務めた。同年7月、日本独自企画盤『EP』で日本デビュー。8月にはサマソニで初来日を果たし話題をさらった。9月、待望のデビュー・アルバム『ザ・ボーンズ・オブ・ワット・ユー・ビリーヴ』をリリース。全英チャート初登場9位(10/5付)、全米チャート12位(インディー1位)(10/12付) を記録した。2014年2月にはHostess Club Weekenderに加え東京と大阪で単独公演を行った。2015年9月にセカンド・アルバム『エヴリ・オープン・アイ』を発表。2016年2月に一夜限りの東京公演で再来日を果たした。2018年2月に新曲「Get Out」を公開、アデルやベックを手がけたグレッグ・カースティンをタッグを組み新作『ラヴ・イズ・デッド』を5月25日(金)にリリースした。7月にはフジロックフェスティバルでホワイトステージのヘッドライナーを務めた。