Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2015.10.21ロンドン出身のシンガー/プロデューサー、ドーニクがデビュー・アルバムをリリース

ロンドン出身のシンガー/プロデューサー、ドーニクがデビュー・アルバムをリリース

ディスクロージャーやジェシー・ウェア等が所属するPMRと契約したロンドン出身のシンガー/プロデューサー、ドーニクがデビュー・アルバムをリリース!

ディスクロージャーやジェシー・ウェア、ジュリオ・バシュモアが所属している気鋭のレーベル、PMRと契約したロンドン出身のシンガー/プロデューサー、ドーニクがデビュー・アルバム『ドーニク』の国内盤アルバムを10月23日(金)にリリースする。
ロンドンのクロイドン地区出身のドーニクはドラマーとしてジェシー・ウェアとツアーを周っていた時に、彼女にデモを渡すとジェシーはすぐに彼女が所属するレーベル、PMRにコンタクトを取りドーニクを推薦した事からPMRとの契約に繋がった。更にドーニクのボーカリストとしての才能を高く評価したジェシー・ウェアはライブでドーニクとのデュエットも披露している。

リード・シングルの「Drive」ではリラックスしたファンク・ビートの上をゆるやかにドーニクのソウルフルが舞う。「時間をかけて一緒に戻ろう/決してきみの家へ連れて行ったりしないで」という歌詞にはガールフレンドとドライブしながら楽しい時間が止まって欲しいと願う淡いラブ・ソングだ。

自分が影響を受けたアーティストについてドーニクは語る。「プリンスが大好きなんだ。彼は王様だよ。「1999」や「Purple Rain」それに「Around the World in a Day」が好きだね。あとマイケル・ジャクソンも大好きさ。僕は彼らから大きな影響を受けているし、2人ともロックからの影響を恐れていなかったアーティストなんだ。スウェーデンのデス・メタル・バンド、メシュガーにもはまっているし、レッド・ツェッペリンなどのロック・バンドも大好きなんだ。」

UKのザ・ガーディアン紙が「宮殿にあるゴージャスなプールサイドのきらめきの様な、マイケル・ジャクソンへのUKからの返答だ」と絶賛する程この新人アーティストへの期待は大きい。11月開催のHostess Club Weekender出演も決定しているドーニク。日本での初ライブを披露してくれるまではこのデビュー・アルバム『ドーニク』を聴いて彼を待っていて欲しい。

シングル曲「Drive」のミュージック・ビデオはこちら:



公演情報 タイトル:Hostess Club Weekender
日時 / 会場:2015/11/22(日)、23日(月 / 祝)新木場スタジオコースト
OPEN / START:12:30/13:30
22日出演:Melvins / Daughter / Christopher Owens / Dornik
23日出演:Bloc Party / Mystery Jets / The Bohicas / ...and more!
チケット: 10月19日(月)~ 一般先行早割1日券販売受付スタート!
10月24日(土)10:00~ 通常2日 通し券、1日券販売スタート!
●一般先行早割1日券 7,900円(税込 / 1ドリンク別途)
●通常2日通し券 13,900円(税込 / 両日1ドリンク別途)
●通常1日券 8,500円(税込 / 1ドリンク別途)

その他チケット販売詳細はこちらをチェック:http://ynos.tv/hostessclub/schedule/201511weekender/ticket

公演詳細は以下リンクをご覧ください:
Hostess Clubオフィシャルサイト:http://ynos.tv/hostessclub/
Creativemanオフィシャルサイト:http://www.creativeman.co.jp/

※未就学児入場不可。
※アーティストの変更・キャンセルによる払い戻しは致しません。

Release Infoリリース情報

Dornik - Dornik
Dornik
byDornik

HSU-19158
2015.10.23 on sale / 2,100円+税
※日本盤はボーナストラック(4曲)、歌詞対訳、ライナーノーツ付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

ロンドン在住のシンガー/プロデューサー。ジェシー・ウェアと様々なツアーを周り、彼女の推薦もあって名門レーベル、PMRと契約。ディスクロージャーやジェシー・ウェア、ジュリオ・バッシュモア等UKの今のシーンを揺るがすアーティストが多数所属するレーベル/マネージメント、PMRからデビュー・アルバム『ドーニク』を15年8月にリリースする。その卓越したソング・ライティングとゆるやかかつソウルフルな歌声はザ・ガーディアン紙から「マイケル・ジャクソンへのUKからの返答だ。」と言わしめるなど、新人とは思えぬ評価を得ている。海外のフェスへの出演が続々と決まる中、15年11月に行われた第11回Hostess Club Weekenderで初来日を果たした。