Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2015.10.21フェイス・ノー・モア、18年ぶりの新作から「Sunny Side Up」のMVを公開

フェイス・ノー・モア、18年ぶりの新作から「Sunny Side Up」のMVを公開

フェイス・ノー・モア、18年ぶりのニュー・アルバムから老人だらけの「Sunny Side Up」のミュージック・ビデオを公開!

今年2月に2夜限りの来日公演を実施、5月には18年ぶりとなる新作『ソル・インヴィクタス』をリリースしファンを喜ばせたフェイス・ノー・モア。

バンドにとって18年ぶりのスタジオ・アルバムとなる今作は、ベーシストのビリー・グールド・プロデュースによるもので、ビリーは最近のインタビューで今作について次の用に語っている。
「ミュージシャンとしてこれまで色々経験してきた俺が言えるのは、今作で自分たちがやっていることっていうのは、前作を発表してから今に至るまでに訪れた場所や詰んだ経験などが反映されているってこと。よりパワーアップしてると思うよ。それからところによってすごくパワフルで、それでいてとてもスペーシーな部分もある。俺たちの化学反応によって繰り出される演奏から生まれるもの、それはいつだって俺たちのサウンドなんだ。それが自分たちにとって最も心地良いと感じるものだからね」。

そんな中、この度最新アルバムの収録曲「Sunny Side Up」のミュージック・ビデオがこの度公開となった。
高齢化社会の現代を象徴するかのように、老人たちの憩いの場が舞台となったこのビデオ。同じく年老いたフェイス・ノー・モアのライヴを観て、みんなが元気を取り戻すというコミカルな内容となっているので、要チェックだ!

「Sunny Side Up」のミュージック・ビデオはこちら:


なお、そんなフェイス・ノー・モアのマイク・パットン (Vo)が立ち上げたレーベル<Ipecac Recordings>所属で、あのカート・コバーンが最も敬愛したレジェンド・グランジバンド、メルヴィンズが来月開催される第11回Hostess Club Weekenderに出演することが先日発表された。震災の影響でキャンセルとなってしまった13年の来日公演以来となるファン待望の来日公演ともあり、話題を呼んでいる。チケットは絶賛発売中。


メルヴィンズ 公演情報 タイトル:Hostess Club Weekender
日時 / 会場:2015/11/22(日)、23日(月 / 祝)新木場スタジオコースト
OPEN / START:12:30/13:30
22日出演:Melvins / Daughter / Christopher Owens / Dornik
23日出演:Bloc Party / Mystery Jets / The Bohicas / ...and more!
チケット: 10月19日(月)~ 一般先行早割1日券販売受付スタート!
10月24日(土)10:00~ 通常2日 通し券、1日券販売スタート!
●一般先行早割1日券 7,900円(税込 / 1ドリンク別途)
●通常2日通し券 13,900円(税込 / 両日1ドリンク別途)
●通常1日券 8,500円(税込 / 1ドリンク別途)

その他チケット販売詳細はこちらをチェック:http://ynos.tv/hostessclub/schedule/201511weekender/ticket

公演詳細は以下リンクをご覧ください:
Hostess Clubオフィシャルサイト:http://ynos.tv/hostessclub/
Creativemanオフィシャルサイト:http://www.creativeman.co.jp/

※未就学児入場不可。
※アーティストの変更・キャンセルによる払い戻しは致しません。

Release Infoリリース情報

Faith No More - Sol Invictus
Sol Invictus
byFaith No More

HSE-30351
2015.05.13 on sale / 2,371円+税
※日本先行発売、ボーナストラック1曲、ライナーノーツ(山崎智之)付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

Faith No More:
1982年にアメリカのカリフォルニア州サンフランシスコで結成されたロックバンド。1998年に解散。2009年に再結成し数年ほどで再び解散したが、2013年に2度目の再結成ツアーが行なわれた。基本的にハードロックであるが、レッド・ホット・チリ・ペッパーズやフィッシュボーンと共にミクスチャー、クロスオーバーと呼ばれる音楽を代表するバンドの一つ。1988年にマイク・パットンが加入してからは更に音楽性の幅を広げ、奇天烈ファンク・メタルからカントリー・バラードまでこなす。現在のライナップは、ロディ・ボッタム(Key)、ビリー・グールド(B)、マイク・ボーディン(Dr)、マイク・パットン(Vo)、ジョン・ハドソン(G)。2015年2月に2夜限りの来日公演を実施、さらには18年ぶりとなる新作『ソル・インヴィクタス』を5月にリリース。2016年8月には、デビュー・アルバム『ウィー・ケア・ア・ロット』のリマスター・デラックス盤を、メンバーのビリーが設立したレーベル<Koolarrow Records>からリリース。

Melvins:
80年代初期にフロントマンのバズ・オズボーンが中心となり結成したロック・バンド。84年にデイル・クローヴァー(Dr)が加入。彼等が放つ攻撃的でヘヴィなサウンドは90年代以降のグランジ・シーンに多大な影響を与えた。中でもニルヴァーナへの影響は大きく、カート・ コバーン自身がファンであることを公言している。14年に最新作『ホールド・イット・イン』を<Ipecac Recordings>から発表。15年7月、レア曲集『ザ・ブルズ&ザ・ビーズ+エレクトロリタード』をリリースし、11月には第11回Hostess Club Weekenderでヘッドライナーとして来日。16年6月、待望の新作『ベーシズ・ローデッド』を発表した。17年7月には初となる2枚組のニュー・アルバム『ア・ウォーク・ウィズ・ラヴ・アンド・デス』をリリース予定。