Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2015.10.05第11回Hostess Club Weekender、11月22日(日)&11月23日(月/祝)に開催決定

第11回Hostess Club Weekender、11月22日(日)&11月23日(月/祝)に開催決定

第一弾アーティストとしてブロック・パーティー、メルヴィンズ、ミステリー・ジェッツ、ザ・ボヒカズ、ドーニクが出演決定!

2012年から続く新人から大御所まで独自の視点でセレクトした刺激的なアーティストを多数フィーチャーするライブシリーズHostess Club Weekender。今年の夏にはヘッドライナーにトム・ヨークとFFS(フランツ・フェルディナンド+スパークス)を迎え初となるオールナイト・イベントHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERも敢行し更にパワーアップした同イベントが、11月22日(日)、そして11月23日(月/祝)に新木場スタジオコーストにて開催されることが決定しました!
そしてなんと早くも第一弾アーティストとして活動休止を経て久しぶりの来日となるブロック・パーティー、あのカート・コバーンが最も敬愛したレジェンド・グランジバンド、メルヴィンズ、新作の制作が噂されるミステリー・ジェッツ、今年のフジロックを熱くしたザ・ボヒカズ、そしてマイケル・ジャクソンへのUKからの返答との呼び声高い驚異の新人ドーニクが出演決定!
開催にあたり、今に至るまでのHostess Club Weekenderの歴史を振り返ると共に第11回Hostess Club Weekenderを紹介するティーザー映像も公開となりましたので是非ご覧ください。

第11回Hostess Club Weekenderティーザー映像はこちら:


なかなか日本では見ることの叶わないレジェンドから期待の新人まで、現段階でもHostess Club Weekenderらしい豪華ラインナップとなっていますが、今後も出演アーティストは追加となります!
また、Hostess Entertainmentのメールマガジン会員、そしてCreativeman 3A会員限定の早割り2日通し券販売を本日10月5日(月)15時からスタートします。チケット販売詳細情報はHostess Clubオフィシャルサイトをチェック!



公演情報 タイトル:Hostess Club Weekender
日時/会場:2015/11/22(日)、23日(月 / 祝)新木場スタジオコースト
OPEN / START:12:30 / 13:30
出演:Bloc Party / Melvins / Mystery Jets / The Bohicas / Dornik...and more!
チケット: 10月5日(月M)15時~ Hostess Entertainmentのメールマガジン会員、Creativeman 3A会員限定早割り2日通し券販売スタート!
価格: 早割2日通し券 12,000円(税込 / 両日1ドリンク別途)
その他チケット販売詳細はこちらをチェック:http://ynos.tv/hostessclub/schedule/201511weekender/ticket

公演詳細は以下リンクをご覧ください:
Hostess Clubオフィシャルサイト:http://ynos.tv/hostessclub/
Creativemanオフィシャルサイト:http://www.creativeman.co.jp/
※未就学児入場不可。
※アーティストの変更・キャンセルによる払い戻しは致しません。


<Hostess Clubとは>
数々の素晴らしいアーティスト作品をリリースしてきた独立系音楽会社Hostess Entertainmentが、音楽出版やライブ制作、マーチャンダイズを手掛けるYnos(イーノス)とタッグを組み、2011年からスタートさせたライブ公演シリーズ「Hostess Club」。2012年から開催したイベント「Weekender」シリーズでは、新人から大御所まで独自の視点でセレクトした刺激的なアーティストを多数フィーチャー。2015年夏、新たな試みとしてサマーソニック2015内でHostess Club All-nighterを開催する。

Short Biographyショート・バイオ

Bloc Party:
04年にミニ・アルバム『ブロック・パーティー』でデビューしたロンドン出身4人組バンド。05年、デビュー・アルバム『サイレント・アラーム』が英アルバム・チャート第3位、またヨーロッパ9ヵ国でトップ10チャートにランク・インし、一気に世界的ロック・シーンの第一線へと躍り出る。この作品は世界中のメディアから高い評価を得ると同時に、全世界で100万枚を超えるセールスを叩き出した。さらに07年のセカンド・アルバム『ア・ウィークエンド・イン・ザ・シティ』 も、あらゆるメディアから軒並み大絶賛を獲得。またも世界的セールス100万枚を超える大ヒットとなり、名実共にイギリスの音楽シーンの新時代を代表するバンドとなる。08年のサード・アルバム『インティマシー』リリース後、バンドとしての活動 を休止し、メンバーはそれぞれ個々のプロジェクトに専念していたが12年にアルバム『フォー』を発表。オリジナル・メンバーであるマットとゴードンの脱退を経て、新たな4人体制となった彼らが約4年ぶりの来日を果たす。直後16年1月には、3年半振り5作目となるアルバム『ヒムズ』を発売。9月には新曲「Stunt Queen」を発表。現在のライナップは ケリー・オケレケ(ヴォーカル、ギター)、ラッセル・リサック(ギター)、ジャスティン・ハリス(ベース)、ルイーズ・バートル(ドラム)。

Melvins:
80年代初期にフロントマンのバズ・オズボーンが中心となり結成したロック・バンド。84年にデイル・クローヴァー(Dr)が加入。彼等が放つ攻撃的でヘヴィなサウンドは90年代以降のグランジ・シーンに多大な影響を与えた。中でもニルヴァーナへの影響は大きく、カート・ コバーン自身がファンであることを公言している。14年に最新作『ホールド・イット・イン』を<Ipecac Recordings>から発表。15年7月、レア曲集『ザ・ブルズ&ザ・ビーズ+エレクトロリタード』をリリースし、11月には第11回Hostess Club Weekenderでヘッドライナーとして来日。16年6月、待望の新作『ベーシズ・ローデッド』を発表した。17年7月には初となる2枚組のニュー・アルバム『ア・ウォーク・ウィズ・ラヴ・アンド・デス』をリリース予定。

Mystery Jets:
ブレイン・ハリソン、ウィリアム・リース、カピル・トレヴェディ、ジャック・フラナガン、ヘンリー・ハリソンから成るUK出身ロック・バンド。 2006年にはフジロックにて初来日。80's、プログレッシヴ・ロック、サイケデリック・ロックと全ての良いとこ取りをしたようなキャッチーなサウンドでここ日本でも高い人気を誇る。2010年6月には名門レーベル<ラフ・トレード>移籍後初となるサード・アルバム『セロトニン』をリリース。そして12年4月、オリジナル・メンバーであるカイが脱退するも通算4作目となるアルバム『ラッドランズ』をリリースしHostess ClubWeekenderで来日。15年11月、新メンバー、ジャック・フラナガンを迎え入れ5枚目のニュー・アルバム『カーヴ・オブ・ジ・アース』を2016年1月15日にリリース。2015年11月にHostess ClubWeekenderにて3年振りの来日を果たし、4月には東阪を周る単独日本ツアーを行った。

The Bohicas:
イースト・ロンドン出身のドミニク・マクギネス(Vo、G)、ブレンダン・ヒーニー(Dr)、ドミニク・ジョン(G)、エイドリアン・アコラツェ (B)から成る4ピース・ロックバンド。アークティック・モンキーズが所属する<ドミノ>のニューカマーとして注目を集め、デビュー前からシングル「XXX / Swarm」 がNMEが "エッセンシャル・トラックス"、ザ・サンデー・タイムズが "ザ・ホッテスト・トラックス" に選出されると、そのバズは海外にも波及し、オーストラリアのラジオ局 Triple Jでオンエア・チャート1位を獲得するなど、新人として破格のスマッシュ・ヒットとなる。ここ日本では14年に『EP』を発表、Hostess Club Weekenderにて初来日を果たす。2度目の来日となった15年7月のフジロックでは超満員のレッドマーキーを魅了。8月にフル・デビュー・アルバムもリリースし、11月には第11回Hostess Club Weekenderへ出演した。

Dornik:
ロンドン在住のシンガー/プロデューサー。ジェシー・ウェアと様々なツアーを周り、彼女の推薦もあって名門レーベル、PMRと契約。ディスクロージャーやジェシー・ウェア、ジュリオ・バッシュモア等UKの今のシーンを揺るがすアーティストが多数所属するレーベル/マネージメント、PMRからデビュー・アルバム『ドーニク』を15年8月にリリースする。その卓越したソング・ライティングとゆるやかかつソウルフルな歌声はザ・ガーディアン紙から「マイケル・ジャクソンへのUKからの返答だ。」と言わしめるなど、新人とは思えぬ評価を得ている。海外のフェスへの出演が続々と決まる中、15年11月に行われた第11回Hostess Club Weekenderで初来日を果たした。