Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2015.09.15ディーエムエーズの初来日公演、そして日本独自EPのリリースが決定

ディーエムエーズの初来日公演、そして日本独自EPのリリースが決定

オーストラリアから突如現れたオアシスの後継者、ディーエムエーズ(DMA'S)の初来日公演が大決定!日本独自EPのリリースも決定!

オーストラリアはシドニー出身の3ピースバンド、DMA'S(ディーエムエーズ)。メジャー・レーベルからの高額オファーを断り、アルト・ジェイ、ジーズ・ニュー・ピューリタンズ、ザ・テンパー・トラップ、ドレンジ、スーパーフードなどが所属するインディー・レーベル<Infectious>と昨年契約。たちまち楽曲「Delete」が地元で大ヒット、各国のフェスへの出演も続々と決まり、アルバムのリリースが期待される中、名刺代わりのデビューEPを今年5月にリリース! 輸入盤のみの流通ながらここ日本でもその話題はジワジワと広がり、なんと早くも11月に単独来日公演が決定した!

ライヴでは6人編成であることから、NME誌が「6人のギャラガー・ベイビー」と、オアシスの後継者呼ばわりするなど、各媒体が激プッシュ。いかにもな悪ガキ・バンド風情のルックスと、自ら堂々とオアシスとザ・ストーン・ローゼズをフェイヴァリットにあげているアティチュードも彼らの人気の理由の一つ。サウンド的にも90年代感を現世代センスで鳴らしてみせる独創的なインディロック・スタイルが、懐かしさもありつつ新鮮さが前面に出ている。90年代ブリット・ポップ、シューゲーズ、アメリカン・ロックからブルーグラス(ギターのジョニーは兄弟とブルーグラス・バンドも結成している) の要素まで取り入れ、オルタナ・エレクトロ・ギターとしゃがれヴォーカルでポップなメロディを歌う。さらに、アディダスのジャージをシグネチャー・スタイルとし、ハットとサングラスで着飾る(?)姿は"ダサ・カッコイイ"として人気を集めている。

来日にあわせてデビューEPの日本盤も発売が決定。ボーナストラック2曲を収録した全8曲入りとなっているので、是非ゲットして、記念すべき初来日公演へ足を運ぼう!
そんな中、先日行なったレッドブル・セッション映像が公開に。すでに公開されているミュージック・ビデオらとあわせて今すぐチェック!!


「Feels Like '37」のレッドブル・セッション映像はこちら
http://www.redbull.com/uk/en/music/video-series/1331694882920/stripped-sessions


「Feels Like '37」のミュージック・ビデオはこちら


「Your Low」のミュージック・ビデオはこちら



来日公演情報 日時:2015年11月17日(火)
場所:代官山UNIT
時間:18:00 OPEN / 19:00 START
¥5,000(前売 / 1ドリンク別)
チケット:一般発売10/3(土)~PGにて発売開始
e+(プレ:9/22-27)/ ローソン(L:76003)/ ぴあ(P:276-664)/ BIG LOVE

クレジット
協力:Hostess Entertainment
お問い合わせ:SMASH / 03-3444-6751 smash-jpn.com smash-mobile.com

Release Infoリリース情報

DMA'S - DMA'S
DMA'S
byDMA'S

HSE-3014
2015.11.06 on sale / 1,000円+税
※オリジナル・アートワーク、ボーナストラック2曲、歌詞対訳、ライナーノーツ 付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

オーストラリアはシドニー出身の3ピース。メンバーは、トミー・オーデル(Vo)、ジョニー・トゥック(Gt)、マット・メイソン(SW, Gt,Vo)。メジャー・レーベルからの高額オファーを断り、アルト・ジェイ、ジーズ・ニュー・ピューリタンズ、ザ・テンパー・トラップ、ドレンジなどが所属するインディー・レーベル<Infectious>と契約。メロディアス・ポップで、耳に残るサウンドが特徴で、たちまち楽曲「Delete」が地元で大ヒット。バラードもハードもどちらもいけて、ライヴの評価も高い、今後が楽しみな新人バンド。 2015年11月、日本独自EPをリリースし、その直後初来日公演を実施。 2016年2月、デビュー・アルバム『Hills End』をリリース。7月にはフジロックフェスティバル '16にて再来日を果たした。17年10月、新曲「Dawning」を配信限定でリリース。