Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2015.07.17チャーチズ、2ndアルバムリリース決定、新曲「Leave A Trace」を公開

チャーチズ、2ndアルバムリリース決定、新曲「Leave A Trace」を公開

チャーチズがセカンド・アルバム『エヴリ・オープン・アイ』を9月25日(金)にリリース!新曲「Leave A Trace」を公開!!

チャーチズが2年ぶりとなるセカンド・アルバム『エヴリ・オープン・アイ』を9月25日(金)にリリースすることが決定しました!!

2013年にリリースしたデビュー・アルバム『ザ・ボーンズ・オブ・ワット・ユー・ビリーヴ』が全世界で50万枚以上を売り上げる大ヒットを記 録、UKではゴールドディスクを獲得するなど大ブレイク。ここ日本でも2013年8月デビュー前にサマーソニックで来日を果たし、2014年2月 にはHostess Club Weekenderに加え東京と大阪でジャパンツアーを行いました。

新作の制作の場としてバンドが選択したのは、デビュー・アルバムと同じく地元グラスゴー。アルバムごとに異なるアプローチをとるバンドが多い中、彼らは自分たちが曲づくりに専念出来る場所としてあえて地元を選択。デビュー以降約2年間で364回のライブを行い世界中を目まぐるしく移動してきた生活から一転、地元で再び自分達の音楽に向き合い制作を進めたそうです。

今作の音楽的なテーマとなっているのは「シンプルこそ最大の豊かさ」。メロディとリズムとアレンジといったベーシックな要素だけで心に直接訴えか ける熱い音楽を作ることを追求。歌詞の面では、辛い失恋を思い悩むのではなくそれを糧に前進することが主題となっています。

プロデュースはデビュー・アルバムと同じく彼ら自身で行い、マスタリングにはダフト・パンクの『ランダム・アクセス・メモリーズ』を手がけたボ ブ・ラドウィグ、ミキシングにはマドンナ、1D、ミューズ、オアシスなどを手がけたスパイク・ステントという豪華な顔ぶれが集結。

約5ヶ月間を制作に費やし、チャーチズ色全開の至高のエレクトロニック・ポップ・アルバムが完成しました!!

早速アルバムから新曲「Leave A Trace」が公開となっています!彼らの成長が感じられる美しいミドルテンポの楽曲となっていますので是非聴いてみてください!

「Leave A Trace」はこちらから
https://soundcloud.com/chvrches/chvrches-leave-a-trace

リリック・ビデオはこちらから


また日本公式サイトも新作に合わせリニューアルオープンしました!
最新情報などが更新されていきますのでこちらもチェックしてみてください。

チャーチズ日本公式サイト:http://hostess.co.jp/chvrches/

※チャーチズ『エヴリ・オープン・アイ』7月18日(土)0:00よりiTunesにてプレオーダー開始!
https://itunes.apple.com/jp/artist/chvrches/id566867492?app=itunes&ls=1&at=11lwRX

Release Infoリリース情報

CHVRCHES - Every Open Eye
Every Open Eye
byCHVRCHES

HSE-60222
2015.09.25 on sale / 2,371円+税
※ボーナストラック4曲、歌詞対訳、ライナーノーツ(伊藤なつみ)付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

グラスゴー出身のローレン・メイベリー(Vo)、マーティン・ドハーティ(Key,Vo)、イアン・クック(Key,B,Vo)で結成した3人組バンド。注目新人を選ぶBBCサウンド・オブ・2013で5位を獲得。レーベル契約前からネットを中心に人気が爆発。13年3月、配信と12インチシングルで『Recover EP』を発表。同月に出演した米テキサス州オースティンで行なわれた世界最大の音楽コンベンションSXSWでは、会場に詰めかけたオーディエンスと音楽関係者で超満員となった。同年7月日本独自企画盤『EP』で日本デビュー。8月にはサマソニで初来日を果たし話題をさらった。9月、待望のデビュー・アルバム『ザ・ボーンズ・オブ・ワット・ユー・ビリーヴ』をリリース。全英チャート初登場9位(10/5付)、全米チャート12位(インディー1位)(10/12付)を記録。14年2月にはHostess Club Weekenderに加え東京と大阪で単独公演を行った。15年9月にセカンド・アルバム『エヴリ・オープン・アイ』をリリース。国内外の年間ベストアルバムにも続々と選出されるなど、そのキラキラとしたポップ・サウンドは変わらぬ人気と高評価を得ている。