Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2015.07.14ア・デイ・トゥ・リメンバー、最新作が来日に合わせて遂に初日本盤化

ア・デイ・トゥ・リメンバー、最新作が来日に合わせて遂に初日本盤化

11月開催オズフェス ジャパンに出演が決定したア・デイ・トゥ・リメンバーの最新作が、来日に合わせて遂に初日本盤化!

11月21日、22日に幕張メッセで開催するオズフェス ジャパンに出演決定している米フロリダ州出身、ポップ・パンクとメタル・コアの雑種バンド、ア・デイ・トゥ・リメンバー。彼らの5thアルバム『コモン・カーテシー』が来日に合わせて遂に初日本盤化!

2003年のバンド結成から10年、自主レーベル<ADTR Records>からのリリースとなった本作は、元々12年にレコーディングが完了していたにも関わらず、所属していたレーベルとのゴタゴタに巻き込まれ、やっと2013年にリリースにたどり着いた渾身作。既に全米チャート37位(ハードロック2位/インディー4位)、全英34位(ロック&メタル・アルバム1位)を獲得し、バンドとしても急成長を遂げている。

2005年にデビューアルバム『アンド・ゼア・ネーム・ワズ・トリーズン』(Indianola Records)をリリースし一躍シーンに躍り出ると2007年にセカンド・アルバム『フォー・ゾーズ・フー・ハヴ・ハート』(Victory Records)をリリース。
2009年にはサード・アルバムとなる『ホームシック』をリリースし、ビルボードアルバムチャートにて初登場21位を記録。全米トータルセールスも20万枚を突破し、一気にスターダムへとのし上がる。翌2010年には4枚目となる『ホワット・セパレーツ・ミー・フロム・ユー』が全米11位を獲得、累計30万枚を売り上げ瞬く間に人気バンドの仲間入りを果たした。2013年には 5枚目となる本作『コモン・カーテシー』をリリースし全米チャート37位(ハードロック2位/インディー4位)、全英34位(ロック&メタル・アルバム1位)を獲得している。

2011年にはワープト・ツアーのヘッドライナーを務め、今までに累計100万以上のCDセールスを記録、Billboard Top 25にランクイン、Billboardのインディーズチャートで1位を獲得などシーンでの存在感は日に日に増している。2015年には自ら主催するフェスSelf HelpでCo-HeadlinerにPierce the VeilとSleeping With Sirensを迎え大盛況、毎年1万人以上の動員を成し遂げている。ハードでへヴィなサウンドとキャッチーなメロディーが融合したメタルコア/ポップ・パンクな音を生み出すユニークなスタイルの彼ら。地元ファンベースから世界的に活躍するバンドへと成長を遂げてきたア・デイ・トゥ・リメンバーが満を侍してオズフェス ジャパンで来日を果たす。

シングル「Right Back At It Again」のミュージック・ビデオはこちら


来日公演情報
OZZFEST JAPAN 2015(オズフェス ジャパン ニーゼロイチゴ)
開催日時 : 2015年11月21日(土)・22日(日)※ア・デイ・トゥ・リメンバー出演日は11/22(日)
OPEN 10:00 / START 12:00(両日共通)※リストバンド交換時間:8:00~
開催場所 : 幕張メッセ国際展示場 9~11 ホール
千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
Info:http://ozzfestjapan.com

Release Infoリリース情報

A Day To Remember - Common Courtesy
Common Courtesy
byA Day To Remember

HSU-19002
2015.09.25 on sale / 2,100円+税
※日本盤は歌詞対訳、ライナーノーツ、ステッカー付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

ポップ・パンクをメタル・コアのハイブリッド・サウンドを作りだす米フロリダ州出身5人組ロックバンド。2003年に結成し現在までに5枚のアルバムを発表。10年に発表した4作目『ホワット・セパレーツ・ミー・フロム・ユー』が全米11位を獲得し、瞬く間に人気バンドの仲間入りを果たした。