Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2015.04.07グラミー・アーティストのベック、一般家庭に押し入って「Country Down」をセッション

グラミー・アーティストのベック、一般家庭に押し入って「Country Down」をセッション

第57回グラミー賞で「最優秀アルバム賞」を受賞したベックの最新アルバム『モーニング・フェイズ』から、「Country Down」のセッション映像が公開!

2月に行なわれた第57回グラミー賞で、年間最優秀アルバム賞を受賞したベックが、USの人気トーク番組『The Late Late Show With James Corden』に出演し、アルバム『モーニング・フェイズ』から、「Country Down」をセッション!

スタジオ近くに位置するとある住居に押しかけて急遽撮影交渉の末実現した今回のエピソード。狭苦しい一般家庭のダイニング・ルームで演奏するベックの映像はとても滑稽ながら貴重。さらに番組内では共演者の俳優ジェフ・ゴールドブラム、シンガー/コメディアンのレジー・ワッツ、そして住居のオーナーであるトミーという男性らとともにかくれんぼを楽しんだ ベック。こちらもかなり笑える内容となっているので、撮影交渉の模様の映像と共にチェックしてもらいたい。


「Country Down」のセッション映像はこちら


かくれんぼの映像はこちら


トミーとの撮影交渉の模様はこちら



そんなベックは、5月中旬にはアメリカ南東部を中心としたツアー、その後6月に ロンドンのハイド・パークにて行なわれるBRITISH SUMMER TIMEというイベントで、ザ・ストロークスがヘッドライナーを務める18日の公演のスペシャル・ゲストとして出演するなど、精力的な活動が続く。

引き続き、ベックの活躍に要注目!

Release Infoリリース情報

Beck - Morning Phase
Morning Phase
byBeck

HSE-60180
2014.02.26 on sale / 2,371円+税
※日本盤のみ独自パッケージ(スリップケース仕様)、歌詞対訳、ライナーノーツ付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

1990年代から現在に至るまで第一線で活躍を続け、名実ともにアメリカの音楽シーンを代表するソロ・アーティストとして確固たる人気を誇る。1994年に発表した「Loser」が全米モダン・ロック・チャートで5週連続1位を獲得。1996年に発表した『オディレイ』でグラミー賞2部門を受賞。2008年に発表した『モダン・ギルト』が全米4位/全英9位を獲得し、第51回グラミー賞「最優秀オルタナティヴ・アルバム」にノミネート。2014年、約6年ぶり通算12作目のスタジオ・アルバム『モーニング・フェイズ』を発表。同作は第57回グラミー賞に於いて、「最優秀アルバム賞」をはじめ計3部門を獲得した。2015年6月、突如新曲「Dreams」を発売。11月には日本独自盤12インチを発売。そして2016年7月のフジロックで約7年ぶりの来日を果たす。その直前となる6月には新曲「WOW」をリリース。あれから1年、2017年10月11日に待望のニュー・アルバム『カラーズ』を日本先行リリース。その2週間後には8年ぶりとなる単独公演も実施。11月には、シングル「Up All Night」が第60回グラミー賞において"最優秀ミュージック・ビデオ賞"にノミネートされる。12月、日本人ラップシンガーDAOKOをゲストに迎えた「UP ALL NIGHT x DAOKO」を配信限定リリース。さらに2018年8月末、"SUMMER SONIC 2018"のヘッドライナーとして再来日することが決定し、それに先駆けて8月15日には最新アルバム『カラーズ』の2枚組デラックス・エディションCD、その名も『カラーズ- ジャパン・デラックス・エディション』が発売される。