Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2015.03.03フェイス・ノー・モア、18年ぶりのスタジオ・アルバムの詳細が明らかに

フェイス・ノー・モア、18年ぶりのスタジオ・アルバムの詳細が明らかに

来日公演が記憶に新しいフェイス・ノー・モア、18年ぶりのスタジオ・アルバム『ソル・インヴィクタス』の詳細が明らかに!!

先月開催された来日公演では、初日にロディ・ボッタムのキーボードにトラブルが発生するという思わぬアクシデントに見舞われながらも、持ち前の安定感でステージを進行し、会場となった新木場スタジオコーストに集まった多くのファンを興奮の渦へと巻き込んだフェイス・ノー・モア。
さらに、二日目には新曲「Cone of Shame」が世界初披露されたり、ヴォーカルのマイク・パットンと親交のあるヒカシューの巻上公一さんが飛び入りで登場するなど、とにかく見応え満点の内容となったことが記憶に新しい。

そんな中、ついに彼らの待望のニュー・アルバム『ソル・インヴィクタス』に関する詳細が発表された!
バンドにとって18年ぶりのスタジオ・アルバムとなる今作は、ベーシストのビリー・グールド・プロデュースによるもので、ビリーは最近のインタビューで今作について次のように語っている。
「ミュージシャンとしてこれまで色々経験してきた俺が言えるのは、今作で自分たちがやっていることっていうのは、前作を発表してから今に至るまでに訪れた場所や詰んだ経験などが反映されているってこと。よりパワーアップしてると思うよ。それからところによってすごくパワフルで、それでいてとてもスペーシーな部分もある。俺たちの化学反応によって繰り出される演奏から生まれるもの、それはいつだって俺たちのサウンドなんだ。それが自分たちにとって最も心地良いと感じるものだからね」。

また、今回解禁となったアルバムのジャケット写真には、2010年に小説『Haunted Air』を出版した、インダストリアル/エクスペリメンタル・ ミュージック・グループのコイルやサイクローブの一員でもある英ミュージシャン兼アーティスト、オシアン・ブラウンの写真が使用されている。全10曲収録、日本盤は1週間の先行発売を予定しているので、お見逃しなく!

なお、現在公開されたばかりの新曲「Superhero」の試聴が可能となっている。

新曲「Superhero」の試聴はこちら

Release Infoリリース情報

Faith No More - Sol Invictus
Sol Invictus
byFaith No More

HSE-30351
2015.05.13 on sale / 2,371円+税
※日本先行発売、ボーナストラック1曲、ライナーノーツ(山崎智之)付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

1982年にアメリカのカリフォルニア州サンフランシスコで結成されたロックバンド。1998年に解散。2009年に再結成し数年ほどで再び解散したが、2013年に2度目の再結成ツアーが行なわれた。基本的にハードロックであるが、レッド・ホット・チリ・ペッパーズやフィッシュボーンと共にミクスチャー、クロスオーバーと呼ばれる音楽を代表するバンドの一つ。1988年にマイク・パットンが加入してからは更に音楽性の幅を広げ、奇天烈ファンク・メタルからカントリー・バラードまでこなす。現在のライナップは、ロディ・ボッタム(Key)、ビリー・グールド(B)、マイク・ボーディン(Dr)、マイク・パットン(Vo)、ジョン・ハドソン(G)。2015年2月に2夜限りの来日公演を実施、さらには18年ぶりとなる新作『ソル・インヴィクタス』を5月にリリース。2016年8月には、デビュー・アルバム『ウィー・ケア・ア・ロット』のリマスター・デラックス盤を、メンバーのビリーが設立したレーベル<Koolarrow Records>からリリース。