Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2015.02.10セイント・ヴィンセント、大ヒット最新アルバムのデラックス盤をリリース

セイント・ヴィンセント、大ヒット最新アルバムのデラックス盤をリリース

第57回グラミー賞を受賞したセイント・ヴィンセントが大ヒット最新アルバムにボーナストラック5曲を追加収録したデラックス盤をリリース!

昨年リリースされ第57回グラミー賞最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバムを受賞したセイント・ヴィンセントの4枚目のアルバム『セイント・ヴィンセント』にボーナストラック5曲を追加収録したデラックス盤をリリースする事になりました!

今月2月のHostess Club Weekenderヘッドライナー出演、更には東京 / 大阪での単独公演が決定しているセイント・ヴィンセント。英NME誌を含む多くの国内外のメディアで年間ベスト・アルバムに選出、更にはBRIT Awardにもノミネートされているだけに今後も勢いは留まることが無いでしょう!

グラミー受賞を受けて、デビュー前のツアーや今までの道程を振り返ったセイント・ヴィンセントことアニー・クラークのコメント。
「サブウェイの野菜サンドイッチを高速道路を走りながら食べることも久しくしてないし、カンザス州刑務所の隣の安いモーテルにも暫く泊まってない。トイレの無い控室でコップにおしっこする事もないし、シンシナティーの安宿でダニに喰われる事ももうないわ。これまでのツアーや、滞在した町、時間、出会った人達との思い出は何事にも代えがたいと思うし、それらの全てを愛しています。グラミー賞を受賞できて本当に嬉しいです。プロデューサーのジョン・コングルトン、家族、友達、ミュージシャン、マネージャー、エージェント、出版社、レーベル、媒体関係者そして関わった全ての人達に感謝しています。」

名実ともにインディ界の女王となったアニー・クラークことセイント・ヴィンセントですが、今年2月開催のHostess Club Weekenderにてヘッドライナー出演、更には東京 / 大阪での単独公演も決まっています。ライヴでは「観客の期待を受け取りながらもそれをちょっとひねってみるの。面白みのある方向にね」とパフォーマンスの創造性には手を抜かないセイント・ヴィンセント、来年2月のパフォーマンスには期待大です!

最新ビデオ「バース・イン・リヴァース」のミュージック・ビデオはこちら:



来日公演情報 ■第10回目Hostess Club Weekender公演情報2015/2/21(土)OPEN 12:45 START 13:45
BELLE AND SEBASTIAN / CARIBOU / TUNE-YARDS / HOW TO DRESS WELL / EAST INDIA YOUTH

2015/2/22(日)OPEN 12:30 START 13:30
ST.VINCENT / THE THURSTON MOORE BAND / TEMPLES / REAL ESTATE / PHILIP SELWAY

場所: 新木場スタジオコースト
チケット:1日券 7,900円(税込 / 1ドリンク別)/ 2日通し券 13,900円(税込 / 各日1ドリンク別)
※Hostess特別先行1日券、2日通し券第2次先行発売を期間限定で実施中!
オフィシャルサイト:www.ynos.tv/hostessclub


■大阪単独公演 2015/2/19(木)大阪 梅田CLUB QUATTRO
OPEN 18:00 / START 19:00
TICKETS ¥6,500-(税込 / All standing / 1Drink別)
INFO:梅田クラブクアトロ(TEL 06-6311-8111)

■東京単独公演 2015/2/20(金)東京 渋谷CLUB QUATTRO
OPEN 18:00 / START 19:00
TICKETS ¥6,500-(税込 / All standing / 1Drink別)
INFO:クリエイティブマン(TEL 03-3499-6669)

Release Infoリリース情報

St.Vincent - St.Vincent (Deluxe)
St.Vincent (Deluxe)
bySt.Vincent

HSU-12001
2015.04.08 on sale / 2,400円+税
※歌詞対訳、 ライナーノーツ、ステッカー付き
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

NYブルックリン在住のセイント・ヴィンセントことアニー・クラークはポリフォニック・スプリーやスフィアン・スティーヴンスのツアー・メンバーとして活動を開始。現在までにソロ・アルバム4枚、デヴィッド・バーンとのコラボ作を1枚発表している。11年に<4AD>からに発表した3作目『ストレンジ・マーシー』は全米19位を獲得し、世界中で年間ベスト・アルバム上位を獲得。12年にリリースしたデヴィッド・バーンとのコラボ作『ラヴ・ディス・ジャイアント』は各メディアの年間ベスト獲得の他、第55回グラミー賞へノミネートされ話題をさらった。2014年にリリースした『セイント・ヴィンセント』は第57回グラミー賞「最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム」を受賞、USチャート12位を獲得し多くのメディアで年間ベスト・チャート上位にランクインした。2014年度年間ベスト・アルバム1位(クロスビート、NME、Guardian)、2位(Time誌)、3位(ミュージック・マガジン「アメリカ/カナダ部門」)を獲得した。2017年6月に突如新曲「New York」をリリース。同年8月に開催されたHostess Club All-Nighters のヘッドライナーとして来日を果たした。2017年10月に5枚目となる新アルバム『マスセダクション』をリリースする。