Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2015.02.24UKハードロック・バンド、ザ・ダークネス、3年ぶりの新作を6月にリリースすることが決定

UKハードロック・バンド、ザ・ダークネス、3年ぶりの新作を6月にリリースすることが決定

UKハードロック・バンド、ザ・ダークネス、3年ぶりの新作『ラスト・オブ・アワ・カインド』を6月にリリースすることが決定!

ジャスティンとダンのホーキンス兄弟によって結成された、イギリスはサフォークの4人組ロック・バンド、ザ・ダークネス。事実上の解散状態を経て、2012年に7年ぶりとなるアルバム『ホット・ケイクス』を発表した彼らが、来る6月に3年ぶりの新作『ラスト・オブ・アワ・カインド』をリリースすることを発表した! アイルランドで制作され、ギタリストのダン・ホーキンスによってプロデュースされた今作は、オリジナル・ドラマーのエド・グラハムに代わり、エミリー・ドーラン・デイヴィースが新たなメンバーとして加わってから初のリリース作品となる。1999年よりボノ、ブライアン・フェリー、トリッキーらとステージに立ってきたエミリーにとって、正式メンバーとしてバンドに加入することは究極のチャレンジであろう。しかし、ロング・キャリアを持つ彼女だけあって、早速公開された新曲「Barbarian」でもその実力は、まるで顔面を打ち砕かれるごとく明らかだ。

「Barbarian」についてヴォーカリストのジャスティン・ホーキンスは次のように語っている。「この曲には2つのドラマティックな要素があって、それは"無責任"と宣言されたギター・ソロ、それから女達の膝を砕き、男達がチビってしまうようなリフだ」。さらにジャスティンは同楽曲の歌詞についても触れている。「エドマンド殉教王の首切りを招くこととなった、海賊によるイースト・アングリア(イギリス東部の半島で、古代のイースト・アングリア王国があった地域)の侵略について歌っている。まあ、クラシックな"ダークネス"ってことだよ」。

その歌詞に付随して少々グロテスクな内容に仕上がっている「Barbarian」のミュージック・ビデオ、是非自分の目と耳で確かめてみよう!

「Barbarian」のミュージック・ビデオはこちら

Release Infoリリース情報

The Darkness - Last Of Our Kind
Last Of Our Kind
byThe Darkness

HSE-60211
2015.05.27 on sale / 2,317円+税
※日本先行発売、ボーナストラック2曲、歌詞対訳、ライナーノーツ(伊藤政則)付
≫ More Info

Short Biographyショート・バイオ

2000年、イギリスのサフォークにて結成された4人組ロック・バンド。2003年のデビュー・アルバム『パーミッション・トゥ・ランド』が全英1位を獲得し、翌2004年の英国最高峰音楽賞ブリット・アワードにおいて最優秀アルバムを含む全3部門を受賞。2005年に2作目『ワン・ウェイ・チケット・トゥ・ヘル...アンド・バック』を発表。その後、メンバーの脱退など様々な問題を抱え、事実上の解散状態となるも、2011年3月にオリジナル・メンバーでの再結成ライヴを行なうことを発表。UKのダウンロード・フェスティバル、そして日本のラウドパーク11に出演。圧倒的なステージを披露し話題となった。2012年8月、7年振りとなったサード・アルバム『ホット・ケイクス』を発表。それから3年、新ドラマーのエミリー・ドーラン・デイヴィースの加入を経て2015年5月に4作目となる『ラスト・オブ・アワ・カインド』が発売された。リリース直前となる4月には新ドラマーのエミリーが突如脱退し、クイーンのロジャー・テイラーの息子であるルーファス・テイラーが加入。11月には『ラスト・オブ・アワ・カインド』のデラックス盤を発売した。現在のライナップはジャスティン・ホーキンス(Vo、G)、ダン・ホーキンス(G)、フランキー・ポーレイン(B)、そしてルーファス・テイラー(Dr)。