Mogwai

NEWS

2018.02.16 : 来日公演までの期間限定でフジロックでのライヴ映像が公開!

今月末にジャパン・ツアーを実施するモグワイ。来日公演までの期間限定でフジロックでのライヴ映像を公開する企画がスタート。

第1弾は2011年の<Fuji Rock Festival '11>から「Rano Pano」。

 

第2弾は2006年の<Fuji Rock Festival '06>から「We're No Here」。

第3弾は2006年の<Fuji Rock Festival '06>から「Mogwai Fear Satan」。

【来日公演詳細】

■2018年2月26日(月)大阪 BIG CAT

時間:開場18:00 / 開演19:00

チケット:¥7,000(前売 / 1ドリンク別)

お問合せ:06-6535-5569(SMASH WEST)

■2018年2月27日(火)東京 STUDIO COAST

時間:開場18:00 / 開演19:00

チケット:¥7,000(前売 / 1ドリンク別)

お問合せ:03-3444-6751(SMASH)

http://smash-jpn.com/live/?id=2810

2017.12.25 : 「Crossing The Road Material」のMVを公開

来年2月にジャパン・ツアーを行うことが決定したモグワイ、最新作『エヴリ・カントリーズ・サン』より「Crossing The Road Material」のミュージック・ビデオを公開しました!


2017.12.05 : ジャパン・ツアーが来年2月に開催決定!

97年のデビューから現在まで9枚の傑作アルバムを世に送り出してきたポストロック界で最も影響力を持つバンド、モグワイ。アルバム毎に常に新しいロックの在り方を提示し、変化し続ける彼らの最新作『エヴリ・カントリーズ・サン』は、アナログ・シンセが多用された前作『レイヴ・テープス』(2014年)、アンビエントな音作りに傾倒したサウンドトラック『アトミック』(2016年)とは一転、名盤『ロック・アクション』(2001年)以来16年ぶりのタッグとなるデイヴ・フリッドマンをプロデューサーに迎え、持ち味のラウドなギター・サウンドが炸裂するハードコアな仕上がりを見せている。モグワイ・サウンドの新たなスタンダードを築き上げたとも言える本作はキャリア最高位となる全英6位を獲得し、著名音楽媒体から軒並み絶賛されている。ここ日本でもiTunes JP Alternative Chart にて1位を獲得するなど高い支持を得ている。


8月に開催されたHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERではヘッドライナーの1組として出演し、過去最大級の超爆音ライブで観客の度肝を抜いたモグワイ。そんな彼らのジャパンツアーが来年2月に開催決定!数々の伝説的なライブ・パフォーマンスを披露してきた彼らのジャパンツアーを見逃さないで!

JAPAN TOUR 2018 "MOGWAI"

2018年2月26日(月)大阪 BIG CAT
時間:開場18:00 / 開演19:00
チケット:¥7,000(前売 / 1ドリンク別)
お問合せ:06-6535-5569(SMASH WEST)


2018年2月27日(火)東京 STUDIO COAST
時間:開場18:00 / 開演19:00
チケット:¥7,000(前売 / 1ドリンク別)
お問合せ:03-3444-6751(SMASH)


●主催者先行予約
2017年12月12日(火)12:00 ~ 17日(日)23:59
http://eplus.jp/mogwai18/


●一般発売
2017年12月23日(土)~ プレイガイドにて発売開始
【大阪公演】イープラス / チケットぴあ(Pコード:102-247)*英語販売あり / ローチケHMV(Lコード:53315)
【東京公演】イープラス / チケットぴあ(Pコード:102-329)*英語販売あり / ローチケHMV(Lコード:72196)


協力:Hostess Entertainment
お問い合わせ:SMASH / 03-3444-6751 smash-jpn.com smash-mobile.com

2017.09.28 : 「Crossing The Road Material」の音源、メンバーが楽曲制作の裏側を語る字幕入りミニ・インタビュー動画が公開!

3年ぶり9作目となる新作『エヴリ・カントリーズ・サン』をリリースした英ポストロック界の重鎮、モグワイ。敏腕プロデューサー、デイヴ・フリッドマンと再タッグを組み制作された本作は、モグワイのキャリア史上最高位となる全英6位を獲得した。ここ日本でもiTunes JP Alternative Chart にて1位を獲得するなど高い支持を集めている。英ガーディアン誌は「辛い人生の混沌に光を射す輝かしい音楽」と評価し、その他にもMOJOをはじめとする海外の著名媒体も惜しみない称賛を送っている。


MOJO 4/5
モグワイが桁外れの轟音と心がつぶされるような静けさの相反する二元を追求し続けることに、そろそろ息切れしてきたのではないかと疑う者がいたとしたら。一言で言おう、それは誤りだと。


The Evening Standard 4/5
これまで以上にモグワイらしい音に、世界が追いつくのが待たれる


Uncut 8/10
今まで以上に活気に満ち、説得力を持って、心奪われる


Loud & Quiet 9/10
刷新され、再びその個性が強く前に出たバンドの音


Classic Rock 9/10
サウンドトラックを手掛けることから少し離れて製作された『エヴリ・カントリーズ・サン』の音は、皮肉にも、本来のモグワイ自身の姿を輝かしく照らすサウンドトラックのようだ


Clash 8/10
雄大で卓越した、圧倒的素晴らしさ


The Quietus
他の数歩先を歩んでいる


London In Stereo
疑いようがなく、年間ベストアルバム候補



そんな中、アルバムから新たに「Crossing The Road Material」のオフィシャル・オーディオが公開された。アンセミックでありモグワイらしいラウドなギター・サウンドが響いている1曲だ。さらにスチュアートとマーティンが楽曲制作について語ったミニ・インタビューの字幕入り動画も公開となった。新たに公開された「Crossing The Road Material」やリード・トラック「Coolverine」などの楽曲制作の舞台裏が楽しめる内容になっているので、ぜひチェックしてほしい。



「Crossing The Road Material」の試聴はこちら:



ミニ・インタビュー映像はこちら:


「Crossing The Road Material」について:


「Coolverine」について:


「Party In The Dark」について:

2017.08.22 : 【8/19】HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERライブ写真&セットリストが到着!

先週末に開催されたHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERにヘッドライナーの1組として出演したモグワイ。ライブ写真とセットリストが到着!9月1日(金)発売の最新作『エヴリ・カントリーズ・サン』収録曲「Coolverine」で幕をあけ、終盤には「Mogwai Fear Satan 」等の名曲も披露!静寂と轟音が巡り合う極上の爆音パフォーマンスに会場中が酔いしれた。

Photo by Tadamasa Iguchi

HOSTESS_CLUB_ALL_NIGHTER_2017_mogwai_0022.jpg
HOST~143.JPG
HOSTESS_CLUB_ALL_NIGHTER_2017_mogwai_0007.jpg

HOSTESS_CLUB_ALL_NIGHTER_2017_mogwai_0154.jpg
HOSTESS_CLUB_ALL_NIGHTER_2017_mogwai_0066.jpg
HOSTESS_CLUB_ALL_NIGHTER_2017_mogwai_0026.jpg

HOSTESS_CLUB_ALL_NIGHTER_2017_mogwai_0117.jpg
HOSTESS_CLUB_ALL_NIGHTER_2017_mogwai_0305.jpg
HOSTESS_CLUB_ALL_NIGHTER_2017_mogwai_0284.jpg
長年モグワイのライブを見てきたスタッフやファン達が口を揃えて"過 去 最 大 音 量 だった"と断言。今回、栄光の耳鳴りと共に帰宅したファンの方も多かったのでは?9月1日(金)には9作目となるスタジオ・アルバム『エヴリ・カントリーズ・サン』の発売も控えているので、またすぐに彼らを日本で見れることを期待して待っていましょう。

【セットリスト】
2017/8/19 HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER @ 幕張メッセ

1. Coolverine
2. I'm Jim Morrison, I'm Deaed
3. Party In The Dark 
4. Crossing The Road Material
5. Friend Of The Night
6. Battered At A Scramble 
7.Helicon 1
8. We're No Here
9. Remurdered
10. Rano Pano 
11. Every Country's Sun
12. Mogwai Fear Satan 
13. Old People