Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

The Matthew Herbert Big Band - The State Between Us

The State Between UsbyThe Matthew Herbert Big Band

発売日2019.03.29
品番HSUY10288(AC120CD)
フォーマットCD
レーベルAccidental / Hostess
価格輸入盤オープン価格

※UK盤

※2枚組

【廃盤 / 取扱終了】

TRACK LIST

Disc 1
01. A Devotion Upon Emergent Occasions
02. You’re Welcome Here
03. Run It Down
04. The Tower
05. An A-Z Of Endangered Animals
06. Reisezehrung
07. Moonlight Serenade
08. Be Still
09. The Words
10. The Special Relationship

Disc 2
01. Fiesta
02. Where’s Home?
03. Fish And Chips
04. Backstop (Newry To Strabane)
05. Feedback
06. Women Of England

鬼才マシュー・ハーバートがビッグ・バンド名義で約11年振りとなるアルバムをリリース!!

★今回のコンセプトはイギリスのEU脱退に対する抗議!EU全加盟国のミュージシャン、アーティストとのコラボレート・アルバム!発売日はEU脱退日=2019年3月29日!

不動の人気・支持を誇るダンスミュージック / サンプリング界の鬼才マシュー・ハーバートがビッグ・バンド名義で約11年振りとなるアルバムをリリースする。ハーバートは作品毎に設定するコンセプトを基にアルバムを制作しファンを魅了してきた。本作はイギリスのEU脱退に対して抗議する為に、EU全加盟国のミュージシャン、アーティスト達とのコラボレートで制作された。ハーバートはEU脱退がイギリスの国民投票で決定した後、イギリス、ヨーロッパ、日本をビッグ・バンド編成でツアーしプロジェクトの締めくくりとして本アルバムをEU脱退の日=2019年3月29日にリリースする。

関連商品

LP(3枚組):HSUJ10288(AC120)(廃盤/取扱終了)

Short Biographyショート・バイオ

1972年、BBCの録音技師だった父親のもとに生まれる。幼児期からピアノとヴァイオリンを学ぶ。エクセター大学で演劇を専攻したのち、1995年にウィッシュマウンテン名義で音楽活動をスタートさせる。以降、ハーバート(Herbert)、ドクター・ロキット、レディオボーイ、本名のマシュー・ハーバートなど様々な名義を使い分け、次々に作品を発表。彼の作品はミニマル・ハウスからミュジーク・コンクレート、社会・政治色の強いプロテスト・ポップに至るまでジャンル、内容を越え多岐に亘っている。また、プロデューサーとしても、ビョーク、REM、ジョン・ケイル、ヨーコ・オノ、セルジュ・ゲンズブール等のアーティストのプロデュースおよびリミックスを手掛けている。2010年、本名であるマシュー・ハーバート名義で「ONE」シリーズ3作品(ワン・ワン、ワン・クラブ、ワン・ピッグ)をリリース。2014年には4曲収録EPを3作品連続でリリースしている。そして2015年に『ザ・シェイクス』を発表しHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERで来日公演を行う。2016年、アルバム『ア・ヌード(ザ・パーフェクト・ボディ)』を発表。2016&2017年に開催したHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERではレジデントDJとして2年連続出演、更に2017年にビッグ・バンドとしてモントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン、ブルーノート・トウキョウ(単独2日間)での来日公演を行った。2019年3月、ザ・マシュー・ハーバート・ビッグ・バンド名義で約11年振りとなるアルバム『ザ・ステイト・ビトウィーン・アス』をリリース。翌4月には全国4か所をまわるDJセットでの来日公演を開催、RAINBOW DISCO CLUBへの出演も果たした。