Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

The Japanese House - Good at Falling

Good at FallingbyThe Japanese House

発売日2019.03.01
品番DH00468
フォーマットCD
レーベルDirty Hit / Hostess
価格輸入盤オープン価格

※UK盤

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • iTunesで購入
TRACK LIST

01. went to meet her (intro)
02. Maybe You're the Reason
03. We Talk all the Time
04. Wild
05. You Seemed so Happy
06. Follow My Girl
07. somethingfartoogoodtofeel
08. Lilo
09. Everybody Hates Me
10. Marika Is Sleeping
11. Worms
12. f a r a w a y
13. i saw you in a dream

UK女性SSW、ザ・ジャパニーズ・ハウスがデビュー・アルバムをリリース!

英ロンドンを拠点に活動する女性シンガーソングライターのアンバー・べインによるプロジェクト、ザ・ジャパニーズ・ハウスがThe 1975やペール・ウェーヴス等が所属する気鋭のレーベル<Dirty Hit>より待望のデビュー・アルバム『グッド・アット・フォーリング』をリリースすることを発表した。
アンバーに加えて、ボン・イヴェールやフランシス・アンド・ザ・ライツを手掛けるBJ・バートン、そしてThe 1975のジョージ・ダニエルが本作のプロデュースを担当している。

初めのうちはアンバーの自宅のパソコンを使用してデモ音源の録音を開始させ、最終的にはウィスコンシン、ブリュッセル、オックスフォードの3つのスタジオにて録音を行い完成させた。本作制作において明るい曲を多く聴いたというアンバーはアルバムについて以下のようにコメントしている。

「アルバムはこれまでに発表してきたEPよりもアップビートな楽曲です。それはライブでの経験に影響を受けています。頭の中でEPを書いている時には"この曲は観客をワイルドにさせる!"と思っていましたが、実際にライブで披露してみるととても違った反応がかえってきました。自分の頭の中ではクラブのアンセムのように聞こえていても、ライブではスローで悲しい雰囲気になりました。その他には、面白いベースラインに影響を受けています。私はベースを弾くのが好きなので。」

関連商品

LP:DH00470

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入

LP(インディー限定盤):DH00473

  • amazonで購入

Short Biographyショート・バイオ

ザ・ジャパニーズ・ハウスことイギリス出身の女性シンガーソングライター、アンバー・べイン。The 1975やウルフ・アリス、ペール・ウェーヴス等が所属するUK気鋭レーベル<Dirty Hit>と契約し、2015年にEP「Pools To Bathe In」を発表。その後も「Clean」(2015)、「Swim Against The Tide」(2016)「Saw You In A Dream」(2017)と次々とEPを発表。活躍が期待されるアーティストを選出するBBCの名物企画<BBC Sound of 2017>にノミネートされ一気に注目を集めた。2019年3月、待望のデビュー・アルバム『グッド・アット・フォーリング』をリリース。