Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

Dead Can Dance - Dionysus

DionysusbyDead Can Dance

発売日2018.11.02
品番PIASR440CDX
フォーマットCD
レーベル[PIAS] / Hostess Entertainment
価格輸入盤オープン価格
  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
  • iTunesで購入
TRACK LIST

01. ACT I: Sea Borne - Liberator of Minds - Dance of the Bacchantes
02. ACT II: The Mountain - The Invocation - The Forest - Psychopomp

オーストラリア出身の伝説のバンド、デッド・カン・ダンスが6年ぶりの新作をリリース!

80年にオーストラリアはメルボルンにて結成された、ブレンダン・ベリーとリサ・ジェラルドによるプロジェクト。98年に解散するも、05年に活動を再開。リサは、10年に大人気大河ドラマ『龍馬伝』のメイン・テーマ曲を担当。また、00年には映画『グラディエーター』に楽曲を提供しゴールデングローブ賞の音楽賞を受賞している。
12年にリリースした16年ぶりの新作となった前作『アナスタシス』は全世界で約16万枚のセールスを記録している。

あれから約6年を経た彼らが、来る11月にスタジオアルバムとしては9枚目となる新作『ディオニューソス』をリリースすることがわかった!
ワールド音楽の要素、中世のメロディ、フォークのバラード、バロック・スタイル、ケルトの歌、エレクトロニカ・サウンドやサンプルまでを自由自在にフィーチャーし、多くのバンドに多大な影響を与えてきたデッド・カン・ダンス。コクトー・ツインズとともに4ADの看板バンドとなった彼らの新作は、メンバーのブレンダン・ベリーによるプロデュースで、20分に渡る楽曲を2曲収録。

関連商品

アナログ盤:PIASR440LP

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入

アナログ盤(デラックス・カラー・ヴァイナル仕様、180グラム重量盤レコード):PIASR440LPX

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入

Short Biographyショート・バイオ

ブレンダン・ペリーとリサ・ジェラルドを中心に、80年オーストラリア・メルボルンにて結成。のちにコクトー・ツインズとともに<4AD>の看板バンドとなり、音楽シーンに多大なる影響を残した。8枚のオリジナル・アルバムと1枚のEPを残し98年に解散するも、05年に活動を再開した。 リサは、10年に大人気大河ドラマ『龍馬伝』のメイン・テーマ曲を担当したことでも話題となった。ワールド音楽の要素、中世のメロディ、フォークのバラード、バロック・スタイル、ケルトの歌、エレクトロニカ・サウンドやサンプルまでを自由自在 にフィーチャーし、"デッド・カン・ダンス"というジャンルを確立した。12年8月、実に16年ぶりの新作『アナスタシス』を発表し、翌年2月には東京、大阪にて奇跡の来日公演を実施。あれから6年あまり、18年11月には9作目となる『ディオニューソス』をリリースすることが決定している。