Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

Jonathan Jeremiah - Good Day

Good DaybyJonathan Jeremiah

発売日2018.08.31
品番HSEY-4684(PIASD5034CD)
フォーマットCD
レーベル[PIAS] Germany / Hostess
価格輸入盤オープン価格

※UK盤

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
  • iTunesで購入
TRACK LIST

01. Good Day
02. Mountain
03. The Stars Are Out
04. Long Night
05. Deadweight
06. Hurt No More
07. Foot Track Magic
08. No-one
09. U-Bahn (It’s Not Too Late For Us)
10. Shimmerlove
11. Yes In A Heartbeat

時代に左右されない楽曲と、深みあるソウルフルなヴォーカルが特徴的なジョナサン・ジェレマイアによる4作目!

ロンドンのシンガー・ソングライター、ジョナサン・ジェレマイアが約3年半ぶりとなるニュー・アルバム『グッド・デイ』を<PIAS Recordings>よりリリースする!

ニック・ドレイクとギル・スコット・ヘロンをミックスした様な彫の深いボーカルとタイムレスなソール・ミュージックが特徴のジョナサンは2011年にリリースしたデビュー・アルバム『ア・ソリタリー・マン』はオランダで初登場3位を獲得し、ゴールド認定。他にもドイツやベルギーでも11位にランクインし話題作となった。その後の2作においても『ジェームズ・ボンド』シリーズの楽曲を手がける作曲家のジョン・バリーが絶賛するなど高評価を得ている。

今作は、レイ・デイヴィスが所有するスタジオにてセルフ・プロデュースのもとレコーディングされた。時には19人から成るストリングスとホーン・セクションを取り入れるなどし、決して妥協することなく納得のいく音楽を追求し続けたジョナサン。いわく、「コンピューターとはフィーリングでのつながりを感じられない、だから繋がりあえる人間を集めて一緒に演奏した。音楽はフィーリングが全てだからね」。
その結果、美しいストリングスやホーンが入ったバラードやフォーキーなものなど、アコースティックをベースにしながらもオーケストラをバックに歌う、贅沢な仕上がりになっている。決して過去作に劣ることない名盤が、ここに誕生している。

関連商品

アナログ盤:HSEJ-4684(PIASD5034LP)

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入

Short Biographyショート・バイオ

時代に左右されない楽曲と、ポール・ウェラーやヴァン・モリソンを彷彿とさせ彫の深いソウルフルなボーカルが特徴のジョナサン・ジェレマイアは、インド人の父とカトリック教徒のアイルランド人の母の間に生まれた、ロンドンのシンガー・ソングライター。父親の影響で幼い頃からスコット・ウォーカー、キャット・スティーヴンス、ジョン・マーティン等を聴いて育った。6歳でギターを始め、豊かなバリトン・ヴォイスへと声変わりした14歳に人前で演奏を始める。アメリカ大陸を車で横断する旅に出た21歳の時にソングライティングを開始、旅の終わりにはニューヨークのバーでピアノを弾く仕事に就いていた。この経験は彼がイギリスに戻って音楽業界に進む決心をするのに大きな影響を与えた。2009年にIsland UKと契約、デビューEP『What's a Guy Got to Do?』をリリース。その後2011年、セルフ・プロデュースのデビュー・アルバム『ア・ソリタリー・マン』、翌2012年にセカンド・アルバム『ゴールド・ダスト』、そして2015年にサード・アルバム『Oh Desire』と、コンスタントにリリースしている。そして2018年8月、約3年半ぶりとなるニュー・アルバム『グッド・デイ』を<PIAS Recordings>よりリリースすることがわかった。