Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

Bombino - Deran

DeranbyBombino

発売日2018.05.18
品番PTKF2154-2
フォーマットCD
レーベルPartisan Records / Hostess
価格輸入盤オープン価格

※UK盤

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
  • iTunesで購入
TRACK LIST

01. Imajghane
02. Deran Deran Alkheir
03. Tehigren
04. Mikiwan
05. Tenesse
06. Ouhlin
07. Adounia Idagh
08. Tamasheq
09. Takamba
10. Adouagh Chegren

“サヘルのボブ・マーリー”ことニジェールはトゥアレグ族出身のギタリスト/シンガー・ソングライター、ボンビーノのニュー・アルバム『デラン』が完成!

ニジェールはトゥアレグ族出身のギタリスト/シンガーソングライター、ボンビーノ。2016年にダーティー・プロジェクターズの中心人物デイヴ・ロングストレスをプロデューサーに、ミキサーにはデイヴィッド・レンチ(FKAツイッグス他)を起用した前作『アゼル』をリリースしたことが記憶に新しい彼が、この度2年ぶりとなる新作『デラン』を完成させた!

大まかに訳すと"お祝いの言葉"を意味するタイトルを持つ今作は、ボンビーノ史上最も強い意志と、切実で多様性に富んだ思いが込められている。苦しみと混乱にあふれた世界に贈る、希望と励ましの言葉に満ちたメッセージ性の強い作品なのだ。

制作、歌唱、すべてをボンビーノの母国語であるトゥアレグ語で行ない、モロッコの現国王ムハンマド6世が所有するスタジオ"カサブランカ"にて、10日間に渡ってレコーディングされた。ボンビーノにとってアフリカで制作するのは約10年ぶりというが、その背景について、「今作を通してアフリカにより近づくという任務が僕にはあったんだ」と語っている。

祝福、守り、統一、そして何よりも故郷である砂漠を忘れないこと、それらが今作の主なテーマとなっているという。そして、サウンド面ではフォーク、ロック、ブルース、ファンクといったボンビーノの豊富な音楽的パレットが、収録曲10曲に満遍なく反映されている。

ジミ・ ヘンドリックスに例えられる巧みなギター・テクニック、そして地元愛や祖先へ注がれる情熱は"サヘル(サハラ砂漠南縁部の半乾燥地域)のボブ・マーリー"と呼ばれているボンビーノ。スキヤキ・ミーツ・ ザ・ワールド出演以来となる来日公演に期待したい!

関連商品

アナログ盤:PTKF2154-1

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入

Short Biographyショート・バイオ

ニジェール北部のアガデスで生まれ育ったボンビーノは、サハラ砂漠西部に住むベルベル人系の遊牧民、トゥアレグ族の両親の元に生まれた。トゥアレグ族は度々ニジェール政府と衝突を繰り返し、その影響でボンビーノの家族は逃亡生活を強いられることが幾度かあった。その逃亡生活の中で、 ボンビーノは反政府活動の前線を訪ねていた親戚が残したギターを手にする。そこから独学でギターを弾き始め、やがて地元のバンドで演奏をするようになり、徐々に知名度を上げていった。 2009年、アガデスの 近くを旅行していた時に偶然彼の音楽を耳にした映画作家ロン・ワイマンと出会ったことをきっかけに、ボンビーノの音楽の扉が世界へと開かれた。2011年にソロ・アルバム『アガデス』をリリース。2013年にリリースした『ノマド』をザ・ブラック・キーズのダン・オーバックが手がけたことでより世界から注目されることとなる。2016年、ダーティー・プロジェクターズのデイヴ・ロングストレスが手がけた新作『アゼル』を発表する。あれから2年、2018年5月にニュー・アルバム『デラン』が完成した。