Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

Poppy Ackroyd - Escapement

EscapementbyPoppy Ackroyd

発売日2017.11.03
品番TPLP1407CD
フォーマットCD
レーベルOne Little Indian Records / Hostess
価格輸入盤オープン価格

※UK盤

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
TRACK LIST

01. Aliquot
02. Rain
03. Seven
04. Glass Sea
05. Lyre
06. Grounds
07. Mechanism

ロンドン出身、ブライトンを拠点に活動するパフォーマー/コンポーザー、ポピー・アクロイドのデビュー・アルバムをリイシュー!(2012年作品)

ブライトンに拠点を置くエレクトロニカの名門<Tru Thoughts Records>に所属する、エディンバラ出身のマルチ・インストゥルメンタリスト/作曲家/プロデューサーのジョー・アチソンのメイン・プロジェクト=ヒドゥン・オーケストラの不動のコア・メンバーとしてバイオリン/ピアノで参加し、これまでに数々のミュージシャンやダンサー、俳優などとの共演経験を持つポピー・アクロイド。ビョークを擁する<One Little Indian>と契約、2枚のソロ作『エスケープメント』と『フェザーズ』がアナログ盤で登場!

ポピーはピアノとヴァイオリンを専門的に学ぶ一方で、コンテンポラリーダンスや演劇のための音楽手掛けてきた。クラシックをベースとしつつ現代的な感性を持っている彼女は、2012年にデビュー・アルバム『エスケープメント』をリリースした。本作は、ヴァイオリンとピアノという2つの楽器のみから生まれるサウンドを巧みに多重録音することで制作された。マスタリングを手掛けたのはポスト・クラシカルシーンにおいて絶大な知名度を誇るニルス・フラーム。重なりあうメロディーが叙情的で、美しいサウンドに仕上がっている。

関連商品

アナログ盤:TPLP1407

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入

Short Biographyショート・バイオ

ロンドン出身、ブライトンに拠点を置くエレクトロニカの名門<Tru Thoughts Records>に所属する。エディンバラ出身のマルチ・インストゥルメンタリスト/作曲家/プロデューサー、ジョー・アチソンのメイン・プロジェクト、ヒドゥン・オーケストラの不動のコア・メンバーとしてバイオリン/ピアノで参加し、これまでに数々のミュージシャンやダンサー、俳優などとの共演経験を持つるパフォーマー/コンポーザー。クラシックの教育を受けたヴァイオリニスト兼ピアニストである彼女は、2012年にアルバム『エスケープメント』でデビュー。ヴァイオリンとピアノという2つの楽器のみから生まれるサウンドを巧みに多重録音することで制作された音楽は話題をよんだ。2014年にセカンド・アルバム『フェザーズ』を発表。この作品には、あらたにキーボードとストリングスも取り入れている。2017年10月に発売が予定されているサード・アルバムの制作真っ只の7月、ミニ・アルバム『スケッチーズ』を発売。