Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

The KVB - Always Then

Always ThenbyThe KVB

発売日2017.11.24
品番INV192CD
フォーマットCD
レーベルInvada Records / Hostess
価格輸入盤オープン価格

※UK盤

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
TRACK LIST

01. Captives
02. Waiting For The Fall
03. Hands
04. Leaning
05. Here It Comes
06. Until I'm Cold
07. Always Then
08. Boots
09. Dreams
10. The Truth
11. Captives (2017 Version)
12. Here It Comes (2017 Version)
13. Always Then (2017 Version)
14. Hands (2017 Version)

ポーティスヘッド/ビーク>のジェフ・バーロウがイチオシするサイケ・シューゲイズ・デュオのデビュー盤が完全リマスター&ボーナストラックを追加収録し嬉しいリイシュー!

ポーティスヘッド/ビーク>のジェフ・バーロウがイチオシする英サイケ・シューゲイズ・デュオ、The KVB(ザ・ケー・ヴィー・ビー)が、グラスゴーのアヴァンギャルド系レーベル<Clan Destine Records>から2012年に限定アナログ盤としてリリースしたデビュー・アルバム『オールウェイズ・ゼン』が、発売5周年記念盤として完全リマスタリングされ、更にボーナストラックを4曲収録しCDでリイシューされる。
本作は2011年にニコラス所有のFOSTEXのテープレコーダーで録音され、その後キャットと共にバンドを結成し発表された。
ジャケット・アートワークも元々友人でミュージシャンとしても活動するエラ・オーリンズによって撮影されたメキシコシティのビルから、バンド自身で撮影した同じ構図のものに更新されている。リマスタリングはブリストルにあるインヴェーダー・スタジオにて行われ、サイケ、ダーク・ポップ、アヴァンギャルドなサウンドが更に研ぎ澄まされている。

Short Biographyショート・バイオ

ニコラス・ウッドとキャット・デイからなる、男女デュオ。ニコラスのベッドルームで、ミニマルなシューゲイズ/エレクトロ・サウンドを実験しながらスタートした。2010年にキャット・デイと共に楽曲制作をはじめバンドを結成。2012年にグラスゴーのアヴァンギャルド系レーベル<Clan Destine Records>からデビュー・アルバム『オールウェイズ・ゼン』をリリース。2014年に『Out of Body EP』をリリース。2015年に『ミラー・ビーイング』をポーティスヘッドのジェフ・バーロウ主宰レーベル<Invada Records>よりリリース。2016年には実験的でよりエレクトロニックなサウンドとなった4作目『オブ・デザイア』をリリース。