Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

Melkbelly - Nothing Valley

Nothing ValleybyMelkbelly

発売日2017.10.13
品番WIX01
フォーマットCD
レーベルWax Nine / Hostess
価格輸入盤オープン価格

※US盤

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
  • iTunesで購入
TRACK LIST

01. Off The Lot
02. Kid Kreative
03. R.O.R.O.B.
04. Greedy Gull
05. Petrified
06. Middle Of
07. Twin Looking Motherfucker
08. RUNXRN
09. Return To Pan Candy Mountain
10. Cawthra
11. Helloween

シカゴのアンダーグラウンドアート/ミュージックシーンを率いるベテラン勢が強力タッグを組み結成したメルクベリーがデビュー・アルバムをリリース!

もしも"ナッシング・ヴァリー"がこの世に実在したのなら、そこは青々と苔むして深い緑に覆われた、少し不思議な場所にちがいない。
(ミランダ・ウィンターズ)


シカゴのエクスペリメンタルなDIYシーンの頂点に佇むベテラン勢がタッグを組み結成したメルクベリー。彼らのデビュー・アルバム『ナッシング・ヴァリー』には計算されたノイズと確かな熱狂があり、ドリーミーなヴォーカル・ラインとひねくれたギターの爆音が融合している。

「バンドやミュージシャンは冒険のセンスを描ける」とドラマーのポール・ニルセンラヴが語るように、メンバーの4人はそれぞれにノイズ/エクスペリメンタル・バンドやアート・コレクティブをかけもちしており、それぞれの個性がかさね合わさった多面的な厚みをもったサウンドが炸裂している。主にミランダがギターで作曲したものを、メンバーで鳴らしてアレンジ、メルクベリー・サウンドへと昇華させているが、練習でひとつかふたつのギター・リフをもとに自由にジャムをして曲になることも。

2016年のウエスト・コーストツアーでその地形にインスパイアされつつも、ツアー中に行きたかった場所へと思うように出向くことができずバンにいるしかなかった彼らが、車の中で書きためたアイデアを生かし、2017年にベトリアーノ所有のスタジオにて8曲のアナログ・テープとして録音された。このメルクベリーのデビュー・アルバムは、<Carpark>の姉妹レーベルであるSpeedy Ortizのセイディー・デュピュイ主宰の<Wax Nine>の記念すべき初リリース盤となる。

関連商品

アナログ盤(アルバム音源ダウンロード・コード付):WIX01LP

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入

Short Biographyショート・バイオ

シカゴのアート/アンダーグラウンド・ミュージックシーンで活躍するアーティストが集い結成された4人組バンド。ギター&ヴォーカルのミランダ・ウィンターズはフォーク・ロックのソロ・プロジェクトreddelicious名義でも活動。ギターとベースをつとめる兄弟のバート、リアム・ウィンターズはシカゴの有名なショウ・スペースを経営している。ドラマーのジェームス・ウェッツェルは大学でジャズドラムを学び、フリードラム/ノイズデュオのRee-Yeesとして活動。それぞれが互いのプロジェクトにおいてコラボレーションを繰り返していくうちに、だんだんとギターを中心としたバンドとしての形が完成されてゆき、2014年に現在の4人組のメルクベリーが誕生した。シカゴ、イーストコーストを中心に活動するうちにそのライブの評判は瞬く間に広まり、同年にファーストEP『ペンシルバニア』をリリース。Speedy OrtizやMagik Markers、Built to Spillらにオープニング・アクトとしてツアーに招かれ、シカゴのReader誌に「シカゴ発のもっともエキサイティングで新しい音」と評される。その後シカゴのパブリック・ハウスのデイヴ・ベトリアーノとともに2枚組の7インチを作成。2017年、ふたたびベトリアーノとコラボレーションし、彼のスタジオでデビュー作となる『ナッシング・ヴァリー』を完成させた。