Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

Mogwai - Party In the Dark

Party In the DarkbyMogwai

発売日2017.08.25
品番HSEJ-4326(ROCKACT109S)
フォーマット7"
レーベルRock Action Records / Hostess
価格輸入盤オープン価格

※UK盤

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
TRACK LIST

(Side-A) Party In The Dark
(Side-B) Eternal Panther(アルバム未収録)

英グラスゴーの至宝、モグワイ!9月発売のスタジオ・アルバムからの盟友デイヴ・フリッドマン・プロデュースの新曲を収録した7インチが登場!

★B面はアルバム未収録曲!
★モグワイのキャリアの中でも最もアップ・テンポな楽曲!


2017年8月開催のHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERにヘッドライナーとして出演する英ポスト・ロックバンド、モグワイ。97年のデビューからコンスタントに作品を発表し、15年には結成20周年を祝してベスト・アルバムをリリース。昨年には、広島訪問にインスパイアされたサウンドトラック『アトミック』を発表し、同年レオナルド・ディカプリオ主演のドキュメンタリー『地球が壊れる前に(原題:ビフォア・ザ・フラッド)』のサウンドトラックにも楽曲を提供した。

活発に活動し続ける彼らがスタジオアルバムとしては2014年の前作『レイヴ・テープス』より3年振り通算9枚目となる『エヴリ・カントリーズ・サン』を9月にリリースする。アルバムではマーキュリー・レヴのメンバーでもありモグワイの99年発表の傑作『カム・オン・ダイ・ヤング』のプロデュースを務めた盟友デイヴ・フリッドマンと再タッグを組んだ。アルバム発売に先駆けてアルバム収録曲「Party In The Dark」とBサイドにはアルバム未収録の「Eternal Panther」が収録された7インチの発売が決定!

「Party In The Dark」はアップ・テンポでモグワイの楽曲には珍しく歌詞がある曲。ニュー・オーダーを連想させるポスト・パンクやニュー・ウェイヴ風のテイストを感じるポップな作品となっている。

Short Biographyショート・バイオ

1995年にスチュアート(G)、ドミニク(B)、マーティン(Dr)、バリー(Vo, G, Key)で結成されたポストロック界で最も影響力を持つ重鎮バンド。97年のデビューから現在までに8枚のスタジオ・アルバムを発表。フジロック'06でのトリや、メタモルフォーゼ'10では圧巻のステージを披露し話題に。11年2月の日本公演では2公演をソールドアウトにし、また同年のフジロック'11ではグリーンステージに出演。変わらぬ人気の高さを証明した。14年1月には、約3年ぶりとなる8thアルバム『レイヴ・テープス』をリリース。同年2月のHostess Club Weekenderでヘッドライナーを務め、8月にはソニックマニア、そしてサマーソニックにて再来日を果たした。15年10月、ベスト・アルバム『セントラル・ベルターズ』を発売、翌年4月にサウンド・トラック『アトミック』を発売し、その翌月には3都市をまわるジャパン・ツアーを開催した。17年8月にはHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERにヘッドライナーの1組として出演。 同年9月、新作『エヴリ・カントリーズ・サン』を発売し、キャリア最高位となる全英6位を獲得した。18年8月、『キン:オリジナル・モーション・ピクチャー・サウンドトラック』をリリース。