Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

The Districts - Popular Manipulations

Popular ManipulationsbyThe Districts

発売日2017.08.11
品番FP16382
フォーマットCD
レーベルFat Possum / Hostess
価格輸入盤オープン価格

※US盤

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
  • iTunesで購入
TRACK LIST

01. If Before I Wake
02. Violet
03. Ordinary Day
04. Salt
05. Why Would I Wanna Be
06. Point
07. Airplane
08. Fat Kiddo
09. Capable
10. Rattling Of The Heart
11. Will You Please Be Quiet Please

米TIME誌、英NME誌&DIY MAG「2015年注目のバンド」選出されデビュー作で世界的なブレイクを果たしたザ・ディストリクツのセカンド・アルバム!

★前作と同じく、グラミー受賞経験のある敏腕プロデューサー、ジョン・コングルトン(ブライアン・ウィルソン、セイント・ヴィンセント、スプーン 他)を迎え全11曲中4曲をレコーディング!
★ベック、アークティック・モンキーズやテンプルズのオープニングアクトを務めた実績もあり!

高校在学中にネットで公開したライヴ・ビデオが口コミで話題を集め、レーベル争奪戦の末13年に<Fat Possum>と契約。アルバム発表前からロラパルーザやレディングといった世界的フェスへ出演を果たし、14年3月のSXSWでは英NME誌が"今年のSXSWを征服したバンド"と呼ぶほど高い注目と評価を受ける。さらにはアークティック・モンキーズやベック等の大物アーティストのオープニングも務める。そして、2015年にデビュー・アルバム『ア・フローリッシュ・アンド・ア・スポイル』をリリースすると瞬く間に世界中でブレイク、ここ日本でもフジロックフェスティバル'15でのパフォーマンスが大きな話題となった。

前作から約2年振りにリリースされる新作では前作に続き再びクラウド・ナッシングスやセイント・ヴィンセントを手掛け、グラミー賞ノミネート経験もある敏腕プロデューサー、ジョン・コングルトンや米ニュージャージー州を拠点に活動するインディー・バンド、 Pine Baronsのドラマー、キース・アブラムズと共にレコーディング。
前作の荒削りながら情熱と魅力あふれる彼らの瑞々しいロックンロール・サウンドから、成長を遂げアンセミックなロックバラードが詰まった作品となっている。

日本盤情報

ザ・ディストリクツ「ポピュラー・マニピュレーションズ」
HSE-6470 / 2017.08.23 on sale / 2,400円+税
※ボーナストラック2曲、ライナーノーツ、歌詞対訳付

関連商品

通常アナログ盤(アルバム音源ダウンロードコード付):FP16381

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入

初回生産限定オレンジ・ヴァイナル仕様(アルバム音源ダウンロードコード付):FP16384

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入

Short Biographyショート・バイオ

米フィラデルフィア出身、ロブ・グローテ(G, Vo)、コナー・ジェイコブス(b)、ブレイデン・ローレンス(Dr)、パット・キャシディ(G)の4人組ロック・バンド。高校在学中の09年に結成、12年に自主制作したファースト・アルバム『Telephone』が口コミで話題を集める。13年に米レーベル<Fat Possum>と契約し翌年に『The District EP』を発表。翌年には全米最大級イベントSXSWやロラパルーザやレディング、ACLといった筆頭に世界的なフェスティバルへ出演を果たし、アークティック・モンキーズやバンド・オブ・ホーセズ、ベック等のオープニングも務める。15年にグラミー賞受賞プロデューサー、ジョン・コングルトンをプロデューサーに迎えた待望の世界デビュー・アルバムを発表。17年、2年ぶりとなる新曲「Ordinary Day」を公開、8月にはセカンド・アルバム『ポピュラー・マニピュレーションズ』をリリースした。