Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

Melvins - A Walk With Love & Death

A Walk With Love & DeathbyMelvins

発売日2017.07.07
品番IPC195CD
フォーマットCD
レーベルIpecac Recordings / Hostess
価格輸入盤オープン価格

※UK盤

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
  • iTunesで購入
TRACK LIST

(Disc 1 / Love)
01. Aim High
02. Queen Powder Party
03. Street Level St. Paul
04. The Hidden Joice
05. Give It To Me
06. Chicken Butt
07. Eat Yourself Out
08. Scooba
09. Halfway To The Bakersfield Mall
10. Pacoima Normal
11. Park Head
12. T-Burg
13. Track Star
14. The Asshole Bastard

(Disc 2 / Death)
01. Black Heath
02. Sober-delic (Acid Only)
03. Euthanasia
04. What's Wrong With You
05. Edgar The Elephant
06. Flaming Creature
07. Christ Hammer
08. Cactus Party
09. Cardboa Negro

米オルタナティヴ~ヘヴィ・ロックの先駆者にしてカリスマ的存在メルヴィンズ!初となる2枚組のニュー・アルバムをリリース!

★メルヴィンズの新しい楽曲が詰まったディスク"デス"と、ショートフィルムのサウンドトラックを収録した"ラヴ"の二枚組!
★ピクシーズのギタリスト、ジョーイ・サンティアゴやテリー・ジェンダーベンダー(レ・ブチェレッツ)がゲスト参加!


米オルタナティヴ~ヘヴィ・ロックの先駆者にしてニルヴァーナのカート・コバーンも憧れたカリスマ的存在メルヴィンズ。昨年6月には、6月に豪華なベース・プレイヤー達をフィーチャーしたアルバム『ベーシズ・ローデッド』を発表し、その後アット・ザ・ドライヴ・インのオマー・ロドリゲス・ロペスとレ・ブチェレッツのテリー・ジェンダーベンダーらが参加したスーパー・バンド、クリスタル・フェアリーとしてデビュー・アルバムを発表し、型にはまらない楽曲制作を続けている。

常にアイディアに溢れ活動的な彼らが今回バンドを結成して初めとなるダブル・アルバム『ア・ウォーク・ウィズ・ラヴ・アンド・デス』を7月にリリース事を発表!本作のディスク"デス"は、彼らにとっていわゆる「通常」のメルヴィンズのアルバムで、もう1枚のディスク"ラヴ"は、今年公開されるショートフィルム「ア・ウォーク・ウイズ・ラヴ・アンド・デス」のサウンドトラックだ。ジェシー・ニーミネン監督が手掛けた映画にはメルヴィンズがプロデューサーとして参加している。そして、本作にはレジェンドバンド、ピクシーズのギターのジョーイ・サンティアゴやクリスタル・フェアリーでもバンドを組んだレ・ブチェレッツのテリー・ジェンダーベンダーが参加している。

日本盤情報

メルヴィンズ「ア・ウォーク・ウィズ・ラヴ・アンド・デス」
HSE-4158-59 / 2017.07.26 on sale / 2,800円+税
※ステッカー封入、ライナーノーツ(トシ・カサイ)付

関連商品

アナログ盤:HSEJ-4158/9(IPC195LP)

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入

Short Biographyショート・バイオ

80年代初期にフロントマンのバズ・オズボーンが中心となり結成したロック・バンド。84年にデイル・クローヴァー(Dr)が加入。彼等が放つ攻撃的でヘヴィなサウンドは90年代以降のグランジ・シーンに多大な影響を与えた。中でもニルヴァーナへの影響は大きく、カート・コバーン自身がファンであることを公言している。14年に最新作『ホールド・イット・イン』を<Ipecac Recordings>から発表。15年7月、レア曲集『ザ・ブルズ&ザ・ビーズ+エレクトロリタード』をリリースし、11月には第11回Hostess Club Weekenderでヘッドライナーとして来日を果たした。16年6月、待望の新作『ベーシズ・ローデッド』を発表。17年7月には初となる2枚組のアルバム『ア・ウォーク・ウィズ・ラヴ・アンド・デス』、そして約1年後となる18年5月には、最新アルバム『ピンカス・アボーション・テクニシャン』をリリースした。