Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

Land of Talk - Some are Lakes

Some are LakesbyLand of Talk

発売日2017.06.20
品番TPLP931CD
フォーマットCD
レーベルOne Little Indian Records / Hostess
価格輸入盤オープン価格

※UK盤

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
TRACK LIST

01. Yuppy Flu
02. Death By Fire
03. The Man Who Breaks Things
04. Some Are Lakes
05. Give Me Back My Heart Attack
06. It's Okay
07. Young Bridge
08. Cornerphone
09. Got A Call
10. Troubled

ビョークやアウスゲイルが所属する<One Little Indian Records>のカタログを一挙取り扱いスタート!

カナダ・モントリオールのギターロック・バンド、ランド・オブ・トークのデビュー・フルアルバム!(2008年作品)
ボン・イヴェールことジャスティン・ヴァーノンがプロデュースとギター、オルガン、ヴォーカルで参加!ギターサウンドの中にキラリと光る美メロディーが魅力の良盤!デビュー以来、音楽メディアにてピクシーズやソニック・ユースが引き合いに出されるロックサウンドをチェック!

Short Biographyショート・バイオ

2006年にカナダはモントリオールにてエリザベス・パウエル(Vo, G)が中心となり結成したロックバンド。同年にデビューEP『アプローズ・チアー・ブー・ヒス』を発表。このEPは2007年にボーナストラック3曲を収録し<One Little Indian Records>から世界流通された。2008年、ボン・イヴェールことジャスティン・ヴァーノンがプロデュースを手掛けた1stフルアルバム『サム・アー・レイクス』を発表。2010年に発表した2作目『クローク・アンド・サイファー』が2011年度のカナダの音楽賞ポラリス・アワードにノミネートされ注目を集めた。2017年、3作目『ライフ・アフター・ユース』を発表。