Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

Institute - Subordination

SubordinationbyInstitute

発売日2017.06.02
品番SBR167CD
フォーマットCD
レーベルSacred Bones / Hostess
価格輸入盤オープン価格

※US盤

【廃盤 / 取扱終了】

TRACK LIST

01. Exhibitionism
02. Only Child
03. Prissy Things
04. All This Pride
05. Oil Money
06. Human Law
07. Too Dumb
08. Good Ol'Boys
09. Powerstation

<Sacred Bones>レーベルのパンクバンド、インスティテュートがセカンド・アルバムをリリース!

2014年にリリースした『ソルトEP』が各メディアにて「80年代ポストパンク」、「デスロックの復刻」と評され一躍その名が知られることとなったインスティテュート。
2015年にデビュー・アルバム『カタルシス』をリリース。<Rough Trade>のパンク・バンド、パーケイ・コーツのフロントマン、アンドリュー・サヴェージがゲスト参加、クリスマスから大晦日の間のたったの4日間(!)でレコーディングされ、ダークなパンク色は残しつつも泥臭さから洗練されたサウンドに進化作品は海外メディアを中心に絶賛された。
その後は世界各地をツアーで回っていた彼らが2年ぶりとなる新作『サブオーディネーション』をリリース。前作と同じくユニフォームのベン・グリーンバーグをプロデューサーに迎え制作された。ヨーロッパツアー中に書かれたという楽曲は彼らのライブの魅力をできるだけ忠実に再現するようレコーディングされており、インスティテュートが生粋のライブバンドであることに改めて気付かされる。フロントマン、モーゼス・ブラウンによって書かれた歌詞は歌詞はこれまで以上にパーソナルな内容でありながら、同時にアメリカ社会が抱えている問題についても切り込むような内容となっている。

関連商品

通常アナログ盤(アルバム音源ダウンロードコード付):HSEJ-5178(SBR167LP)(廃盤/取扱終了)

初回生産限定クリアヴァイナル(アルバム音源ダウンロードコード付):HSEJ-5179(SBR167LPC1)(廃盤/取扱終了)

Short Biographyショート・バイオ

テキサス州オースティンを拠点として活動する4人組パンクバンド、インスティテュート。そのダークで歪みのきいた薄汚いパンクサウンドからポスト・パンク、デス・ロックに加え、ソニック・ユースのようなグランジ・サウンドをも彷彿とさせる。2015年6月にデビュー・アルバム『カタルシス』をリリース。パーケイ・コーツのフロントマン、アンドリュー・サヴェージも参加したアルバムは海外メディアを中心に話題となった。2017年6月に2年ぶりとなる新作『サブオーディネーション』をリリースする。