Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

Asgeir - Afterglow

AfterglowbyAsgeir

発売日2017.05.05
品番TPLP1319CD
フォーマットCD
レーベルHostess Entertainment
価格輸入盤オープン価格

※UK盤

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
  • iTunesで購入
TRACK LIST

01. Afterglow
02. Unbound
03. Stardust
04. Here Comes The Wave In
05. Underneath It
06. Nothing
07. I Know You Know
08. Dreaming
09. New Day
10. Fennir yfir

アイスランドの天才シンガー・ソングライター、アウスゲイル、3年ぶりとなるセカンド・アルバム『アフターグロウ』が発売決定!

昨夏開催されたHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERで4度目となる来日を果たし、HCANに 出演したアーティストの中でもベスト・アクトと呼び名の高かったアイスランドが生んだ天才シンガー・ソングライター、アウスゲイル。10月には日本のファンのためだけに企画/制作された日本独自企画盤『ホエア・イズ・マイ・マインド?』をリリースし、ファンを喜ばせた。そして年末には突如ティーザーとみられる謎の映像を公開し、セカンド・アルバムのリリースを匂わせていた彼だが、ここへきてその待望の新作、その名も『アフターグロウ』がリリースされることが決定した!

若干23歳ながらデビュー・アルバム『イン・ザ・サイレンス』が、アイスランド史上最速で売れた国内アーティストによる作品に認定され、全人口の10人に1人が所有しているという人気を誇るアウスゲイル。ここ日本でも15年に実施したジャパン・ツアーが追加公演までもが即完売となるなど、新人とは思えぬほどの支持を得ている。そんな彼の新作は、込められた感情とサウンドという面で、前作とかけ離れた内容になっている。よりエレクトロ・サウンドに進化、さらに はR&Bやソウルの要素が取り入れられており、フォーキーなアコースティック・ サウンドが印象的だった前作に比べると、メランコリックでメロディックなエ レクトロニカに仕上がっている。変わらないのはソングライター陣であり、今回も詩人である父親、ミュージシャンの兄、そして親友のユリウスがコラボレーターとして名を連ねている。

デビュー・アルバムがボン・イヴェール、ジェイムス・ブレイク、キングス・オ ブ・コンビニエンスらと比較されがちだったならば、セカンドはよりダークな印象を持つアノーニの『ホープレスネス』が引き合いに出されるであろう。当の本人は今作について次のようにコメントしている。「すでにこのアルバムを通して たくさんの収穫があったと感じている。より自分自身を知ることができたし、成長することができた。もちろんアルバムだけが要因ではないと思うけど、間違いなく大きな手助けをしてくれたよ」。

日本盤情報

アウスゲイル「アフターグロウ」
HSE-6393 / 2017.04.28 on sale / 2,490円+税
※日本先行発売、ボーナストラック8曲、歌詞対訳、ライナーノーツ(内本順一)付

関連商品

通常アナログ盤:TPLP1319

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入

初回限定生産カラー・ヴァイナル仕様:HSEJ-6393(TPLP1319LPX)

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入

完全限定生産ボックス・セット仕様(内容:180g重量盤LP、デラックス盤CD、4×12インチ リソグラフィー、歌詞&ピクチャー・ブック、日本限定で発売した7インチ・シングル『ホエア・イズ・マイ・マインド?』レプリカ):HSEJ-6394(TPLP1319BOX)

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入

Short Biographyショート・バイオ

アイスランド出身のシンガー・ソングライター。12年に母国でリリースした『Dyro i dauoapogn』が、アイスランド史上最速で売れたデビュー・アルバムとなった他、アイスランドのグラミー賞、アイスランド音楽賞主要2部門(「最優秀アルバム賞」、「新人賞」)を含む全4部門受賞。14年1月、デビュー盤の英語ヴァージョン『イン・ザ・サイレンス』を発表。2月にはHostess Club Weekender出演、さらに7月にはフジロック出演のため再来日し、観客を優美な歌声で魅了した。11月には『イン・ザ・サイレンス』のデラックス盤をリリース、翌15年1月には、初のジャパン・ツアーを決行。新作の発表が期待される中、16年8月にはHOSTESS CLUB ALL-NIGHTERで4度目の来日。さらに、10月には日本独自企画7インチ・シングル「Where Is My Mind?」をリリース。17年4月、待望のセカンド・アルバム『アフターグロウ』をリリースし、7月にはフジロック出演も果たした。そして11月には、自身最大規模となるジャパンツアーを開催。18年12月、ニュー・シングル「Lifandi Vatnið (The Day After Session)」をリリース。