Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

The Triffids - The Black Swan

The Black SwanbyThe Triffids

発売日2017.04.28
品番TRIFFCD6
フォーマットCD
レーベルPIAS Recordings / Hostess
価格輸入盤オープン価格

※UK盤

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
TRACK LIST

(Disc 1)
01. Too Hot To Move, Too Hot To Think
02. American Sailors
03. Falling Over You
04. Goodbye Little Boy
05. Bottle Of Love
06. Go Home Eddie
07. The Spinning Top Song
08. Butterflies Into Worms
09. Can't Help Falling In Love
10. New Years Greetings
11. Good Fortune Rose
12. Shell Of The Man
13. One Mechanic Town
14. Jack's Hole
15. Blackeyed Susan
16. You Minus Me
17. The Clown Prince
18. Fairytale Love
19. How Could I Help But Love You

(Disc 2)
01. Too Hot To Move, Too Hot To Think (Alternative Version)
02. American Sailors (Alternative Version)
03. Why Don't You Leave For Good This Time (David McComb solo Version)
04. Bottle Of Love (Demo Version)
05. The Spinning Top Song (The VB Mix)
06. Butterflies Into Worms (Alternative Version)
07. New Years Greetings (Alternative Version)
08. Good Fortune Rose (Demo Version)
09. One Mechanic Town (Live Demo Version)
10. Jack's Hole (Alternative Version)
11. Blackeyed Susan (Demo Version)
12. You Minus Me (Demo Version)
13. The Clown Prince (Demo Version)
14. Fairytale Love (Demo Version)
15. (You've Got) A Funny Way Of Showing You Love Me (Unused Demo)
16. No More After You (Unused Demo)
17. In The Dark (Unused Demo)

80年代オーストラリアを席巻したポップロック・バンド、ザ・トリフィッズの名作がリイシューとなって登場!

★89年にオリジナルがリリースされた5作目『ザ・ブラック・スワン』が登場!
★2008年リマスター音源!


80年代半ば、ニック・ケイヴやゴー・ビトウィーンズと時を同じくして頭角を現したオーストラリアの5人組、ザ・トリフィッズ。元々1986年にリリースされた『ボーン・サンディー・ディボーショナル』で地元オーストラリアを飛び出し、UK、アメリカでも大ブレイクを果たした。89年にザ・スミスやブラーを手掛けたステファン・ストリートをプロデューサーに迎え制作されたバンドの5作目であり最後の作品『ザ・ブラック・スワン』が、今回リイシューとなって登場!ボーナスディスクには、アルバムのデモ音源と未発表のデモをなんど17曲も収録!

Short Biographyショート・バイオ

78年に西オーストラリア州のパース市で結成した5人組バンド。メンバーはデイヴィッド・マッコム(リード・ヴォーカル、ギター、キーボード)、ロブ・マッコム(バイオリン、ギター)、アルシー・マクドナルド(ドラム、ヴォーカル)、マーティン・ケーシー(ベース)、ジル・バート(キーボード、ヴォーカル)。80年代半ば、ニック・ケイヴやゴー・ビトウィーンズと時を同じくして頭角を現したオーストラリアのバンド。89年のバンド解散までに5枚のスタジオアルバムを発表。デイヴィッドは96年に心臓の持病から移植手術を受けるが、99年2月に交通事故に遭い惜しまれつつ他界した。