Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

Holly Macve - Golden Eagle

Golden EaglebyHolly Macve

発売日2017.03.03
品番BELLA550CD
フォーマットCD
レーベルBella Union / Hostess
価格輸入盤オープン価格

※UK盤

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
  • iTunesで購入
TRACK LIST

01. White Bridge
02. The Corner of My Mind
03. Heartbreak Blues
04. Shell
05. All of It's Glory
06. Timbuktu
07. Fear
08. No One Has the Answers
09. Golden Eagle
10. Sycamore Tree

ジョン・グラントやヤエル・ナイムらが支持するアイルランドの新人歌姫ホーリー・マクヴィのデビュー・アルバム!

歌声を聴いたジョン・グラントが即自身の前座に抜擢した21歳のアイルランド人美人シンガー・ソングライター、ホリー・マクヴィ。言葉を発する前に歌い始めていたというホリーは、母親の影響からブルースやボブ・ディランを聴いて育ち、ゆくゆくはレナード・コーエン、ジョニー・キャッシュ、ギリアン・ウェルチなどを好むようになる。

シンプルでかつ印象的なメロディを持つ古いカントリー・ミュージック、タイムレスなサウンドに惹かれるというホリー。そんな彼女のデビュー・アルバム『ゴールデン・イーグル』には、その若さにしては十分すぎるほどの題材がつまっている。両親の離婚、失恋、キャリアに隠された落とし穴など...。

「責任や変化というものを恐れ、年をとることが嫌だった。死も怖かったし、年をとればとるほど、残された時間が短くなるってわかっていたから」と語る彼女が最初に経験した身近な死は、2015年の祖父との死別だった。その経験から生まれたのが、アルバムのタイトル・トラック。曲作りはホリーにとってセラピーのようなもの。とてもパーソナルなプロセスで、それをすることによって最悪のシチュエーションもポジティヴなものに変えられるという。

18歳で故郷を出たホリーはカフェで働きながらそこでライヴ活動も行なった。そのカフェの地下にスタジオを所有し、常連客の一人であったベラ・ユニオンの創立者で、元コクトー・ツインズのサイモン・レイモンドが彼女の歌声に気づくのにそう時間はかからなかった。ギリアン・ウェルチ、パッツィー・クライン、さらにはポーラ・フレイザーを彷彿とさせる彼女のトーンにタイムレスなメロディ。ヨーデルのような、民謡のような、微妙に効かせるコブシがクセになる。さらに、哀愁漂う歌声とメロディに多くのアーティストも虜になった。その一部をあげると、ヤエル・ナイム、ジョン・グラント、ヴィレジャーズ、ベンジャミン・クレメンティン。

この度、ベラ・ユニオンよりリリースされるホリー待望のデビュー・アルバムは、ニュー・キャッスルにてレーベメイトでもあり、今作のプロデューサーのであるランターンズ・オン・ザ・レイクのギタリストポール・グレゴリーのスタジオにてレコーディングされた。

関連商品

アナログ盤(アルバム音源ダウンロードコード付):BELLA550V

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入

Short Biographyショート・バイオ

アイルランド西部の都市ゴールウェイで生まれたホリー・マクヴィは、両親の不仲が原因でヨークシャーに住む祖父母の元で育てられた。クラシック音楽の制作をしていた祖父と歌を歌う母親の影響から、幼いホリーは言葉を発するよりも先に歌を歌い始めた。母親のコレクションであったブルースやボブ・ディランに興味を持ち、ゆくゆくはレナード・コーエン、ジョニー・キャッシュ、ギリアン・ウェルチなどを好むようになった。18歳の時カフェで働きながらそこでライヴ活動も行なっていたホリーに、常連客の一人であったベラ・ユニオンの創立者で、元コクトー・ツインズのサイモン・レイモンドが知ることとなる。あっという間に、その微妙に効かせるコブシがクセになる独特の歌声と哀愁漂う彼女の歌声とメロディに、多くのアーティストが虜になった。2017年3月、待望のデビュー・アルバムム『ゴールデン・イーグル』をベラ・ユニオンよりリリース。