Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

Dirty Projectors - Dirty Projectors

Dirty ProjectorsbyDirty Projectors

発売日2017.02.24
品番WIGCD325
フォーマットCD
レーベルDomino Recording Co. / Hostess
価格輸入盤オープン価格

※UK盤

【廃盤 / 取扱終了】

TRACK LIST

01. Keep Your Name
02. Death Spiral
03. Up In Hudson
04. Work Together
05. Little Bubble
06. Winner Take Nothing
07. Ascent Through Clouds
08. Cool Your Heart
09. I See You

デイヴ・ロングストレスを中心とするエクスペリメンタル・バンド、ダーティー・プロジェクターズが約4年ぶりとなるニュー・アルバムをリリース!

★今話題のソランジュ、元バトルスのタイヨンダイ・ブラクストン、女性R&BシンガーのD∆WNことドーン・リチャード、アトムス・フォー・ピースのマウロ・レフォスコも参加!

米NYはブルックリン出身のバンド、ダーティー・プロジェクターズが約4年ぶり8作目となるニューアルバムをリリース!
2002年の結成以来現在までに7枚のアルバムを発表し、ここ日本でも絶大な人気を誇るダーティー・プロジェクターズ。近年ではフロントマンのデイヴィッド・ロングストレスは、ジョアンナ・ニューサム等のアーティストの作曲やアレンジを行い、さらに去年リリースして8ヶ国のシング ル・チャート1位を獲得した、リアーナ、カニエ・ウェストとポール・マッカートニーの「Four Five Seconds」にもコーライターとして参加するなど、ソロとしての活動が目立っていた。

そんな中突如新曲を公開し、ついに再始動。セルフタイトルで全9曲入りとなる今作は、デイヴ自らによる作曲とプロデュース。今話題の米シンガー、ソランジュや元バトルスのタイヨンダイ・ブラクストン、女性R&BシンガーのD∆WNことドーン・リチャード、アトムス・フォー・ピースのマウロ・レフォスコがパーカッションで参加している。
先行シングルとして発表された「Little Bubble」のテーマは「愛と喪失」。前作リリース以降に経験した失恋などからインスパイアされ制作された。哀愁に溢れた美しいメロディーが印象的で、今までの基軸とは違ったサウンドが世界中で話題を呼び、Pitchforkでは既にBest New Musicを獲得!
様々な楽曲への参加やプロデュースを通して音楽への熱意を取り戻し、新たなダーティー・プロジェクターズのサウンドを発見、インディー・ロック、R&B、エレクトロニック、ジャンルの枠を超えた傑作が誕生!

日本盤情報

ダーティー・プロジェクターズ「ダーティー・プロジェクターズ」
HSE-1174 / 2017.03.03 on sale / 2,400円+税
※歌詞対訳、ライナーノーツ(中村明美)付

関連商品

通常アナログ盤(アルバム音源ダウンロードコード付):WIGLP325(廃盤/取扱終了)

初回生産限定2枚組ブラック&クリア・スモーク・ヴァイナル(16ページのブックレット付、アルバム音源ダウンロードコード付):WIGLP325X(廃盤/取扱終了)

Short Biographyショート・バイオ

米NYはブルックリン出身のバンド。2002年にデイヴ・ロングストレス(Vo, G)が中心となりバンドを結成。現在までに7枚のスタジオ・アルバムを発表。英<Domino>移籍後初めて発表した2009年の5作目『ビッテ・オルカ』が年間ベスト・アルバムを総なめにし、本格的にブレイク。2011年、ビョークとのチャリティー・コラボ作品 『マウント・ウィッテンベル・オルカ』も話題となった。2012年に『スウィング・ロー・マゼラン』をリリースして、朝霧ジャムとヘッドラインツアーで来日し、2013年にはHostess Club Weekenderでヘッドライナーを務めた。2017年、約4年ぶりとなる7枚目のアルバムをリリース。そしてわずか1年半となる2018年7月には新作『ランプ・リット・プローズ』をリリース、フジロック・フェスティバルに出演した。