Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

Dear Reader - Day Fever

Day FeverbyDear Reader

発売日2017.02.24
品番SLANG50101
フォーマットCD
レーベルCity Slang / Hostess
価格輸入盤オープン価格

※EU盤

【廃盤 / 取扱終了】

TRACK LIST

01. Oh, The Sky!
02. Tie Me to the Ground
03. So Pretty So Pathetic
04. Mean Well
05. Wake Him
06. Placate Her
07. If Only Is
08. I Know You Can Hear It
09. Nothing Melodious
10. Then, Not Now
11. The Run

南アフリカ、ヨハネスブルグ出身のシンガー・ソングライター、シェール・マクニールによるオルタナティブ・ロック/ ポップ・プロジェクト、ディア・リーダーが4年振りとなる4枚目の新アルバムをカリブー、ジュニア・ボーイズ、ティンダ―スティックス等が所属するCity Slangからリリース!

新アルバム『Day Fever』はサンフランシスコにあるジョン・バンダースライスのスタジオ、タイニー・テレフォンにてレコーディングされた。
スプーンやザ・マウンテン・ゴーツのプロデューサーとしても知られるジョン・バンダースライスはアナログ・レコーディングの名手として知られており、ディア・リーダーが今までの試したことのないレコーディング手法だった。 ベルリン在住であるシェール・マクニールにとってサンフランシスコでのレコーディングを行う為には多くの調整が必要であった。
ボーカルを務めるシェール・マクニールはテープにてレコーディングした事により録音されたものをエディットするという呪縛から逃れられたという。アルバム収録の曲の殆どが1発録り、もしくは2回目のテイクで構成されている。今作は今までの作品以上にミニマルでより前衛的な作品となっている。もし前作『Rivonia』(2013)がディア・リーダーの歴史を遡る作品であったとするなら今作はディア・リーダーの現在を映し出す作品になっている。

関連商品

初回生産限定赤紫カラー・ヴァイナル:HSEJ-6380(SLANG50101LTD)(廃盤/取扱終了)

Short Biographyショート・バイオ

南アフリカ、ヨハネスバーグ出身のシェール・マクニールによるソロ・プロジェクト。2006年にシンガー・ソングライターであるシェール・マクニールとプロデュース/ベースを担当するダリル・トーアにて結成されたが、現在はシェールのソロ・プロジェクトになっている。2006年にデビューアルバム『The Younger』を南アフリカのレーベル、Just Musicからリリースした当時はハリス・ツイードというバンド名であった(後にディア・リーダーに改名)。2枚目のアルバムをリリース後にベルリンにある気鋭レーベルCity Slangと契約する。