Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

Owen Pallett - Lewis Takes Off His Shirt

Lewis Takes Off His ShirtbyOwen Pallett

発売日2017.02.28
品番RUG366T
フォーマット12”
レーベルDomino Recording Co. / Hostess
価格輸入盤オープン価格

※UK盤

【廃盤 / 取扱終了】

TRACK LIST

(Side-A)
01. Lewis Takes Off His Shirt (Album Version)
02. Lewis Takes Off His Shirt (Dan Deacon Remix)
03. Lewis Takes Off His Shirt (Benoît Pioulard Remix)

(Side-B)
01. Lewis Takes Off His Shirt (CFCF Remix)
02. Keep The Dog Quiet (Simon Bookish Remix)
03. Midnight Directives (Max Tundra Remix)

オーウェン・パレットが2010年にリリースした傑作『ハートランド』からのリード・トラック「Lewis Takes Off His Shirt」の12インチ!

オーウェン・パレットが2010年にリリースした傑作『ハートランド』からのリード・トラック「Lewis Takes Off His Shirt」の12インチが登場!
アルバムヴァージョンに加えダン・ディーコンやマックス・ツンドラなどのリミックスなど合計6曲収録されている。アーケイド・ファイア、ザ・ラスト・シャドウ・パペッツからミーカまで、様々なアーティストのストリングスアレンジャーとしても活躍し、世界的に知られるようになった彼のブレイク作からの楽曲であり2010年の発売当時は大きな話題となった。
4月には約3年ぶりとなる来日公演も決定!まだ手に入れていない人は是非この機会にゲットしておきたいアイテム!

Short Biographyショート・バイオ

カナダはトロント出身のミュージシャン兼アレンジャー。幼いころからクラシック音楽とバイオリンを学び、2005年に"ファイナル・ファンタジー"名義『Has a Good Home』でアルバム・デビュー。2006年セカンド・アルバム『He Poos Clouds』はカナダ最高峰音楽賞ポラリス・ミュージック・プライズを受賞。アーティスト活動と並行し、アーケイド・ファイア等様々な話題作のストリングス・アレンジを手掛け注目を集める。2009年、オーウェン・パレット名義で『ハートランド』を発表、世界的な絶賛を浴びる。近年はテイラー・スウィフトやリンキン・パーク等全米英1位獲得作でもアレンジを担当。彼が音楽を手掛けたスパイク・ジョーンズ監督の映画『her/世界でひとつの彼女』は第86回アカデミー賞「作曲賞」にノミネートされている。12年、第1回Hostess Club Weekenderに出演し、人気の高さを証明した。14年にはブライアン・イーノがゲスト参加し話題となった最新作『イン・コンフリクト』を発表し、同年のフジロックで来日。会場となったレッド・マーキーを埋め尽くしたオーディエンスを魅了した。