Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

Surfer Blood - Snowdonia

SnowdoniabySurfer Blood

発売日2017.02.03
品番JNR220
フォーマットCD
レーベルJoyful Noise / MAGNIPH / Hostess
価格輸入盤オープン価格

※US盤

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
  • iTunesで購入
TRACK LIST

01. Matter of Time
02. Frozen
03. Dino Jay
04. Six Flags in F or G
05. Snowdonia
06. Instant Doppelgängers
07. Taking Care of Eddy
08. Carrier Pigeon

米フロリダ州ウェストパームビーチ出身ジョン・ポール・ピッツ率いるインディー・ロック・バンド、サーファー・ブラッドが4thアルバム『スノードニア』をリリース!

米フロリダ州ウェストパームビーチ出身、ジョン・ポール・ピッツ率いるインディーロックバンド、サーファー・ブラッドがニュー・アルバム『スノードニア』をリリース!

2009年にデビューしこれまでに3枚のアルバムをリリースしている彼ら。前作『1000パームス』から1年、今年の5月に結成メンバーのトーマス・フェケーテをガンで亡くし、さらにケヴィン・ウィリアムスも脱退。度重なった大きな悲劇を乗り越え、高校の同級生であったマイケル・マックリアリー(Gt)、リンゼイ・ミルズ(Ba)を迎え新たな編成での初リリースとなる。

本作はフェケーテのいない初めての長いツアーの後直ちに制作された。その時期にかかれた収録曲「Six Flags in F or G」は彼の病気やツアーをする上で大きかった彼の存在にぶつかったときに書かれ、彼が癌だと診断された後すぐに、ピッツの母も乳癌だと診断され化学療法の治療をしていた。「Carrier Pigeon」はそんな彼女の病気に触発された曲だという。一方アルバムには、30歳になったピッツが結婚するときの決意を歌ったストレートなポップソングである「Matter of Time」という曲も収録され、今作はいろんなストーリーが入り混じった、彼がこれまでに作ったどの作品よりも物語がある自叙伝のような作品となった。

プロデュース、ミックスまでも自身で手掛け、これまでのサーファー・ブラッドを知らないリスナーも綺麗なメロディーに自身の想いをのせて聴けるようなメロディックな作品となった!

日本盤情報

サーファー・ブラッド「スノードニア」
HSE-8012 / 2017.02.03 on sale / 2,300円+税
※ボーナストラック2曲、歌詞対訳、ライナーノーツ(天井潤之助)付

関連商品

通常アナログ盤(アルバム音源ダウンロードコード付):JNR220LP

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入

初回生産限定ホワイト・ヴァイナル(アルバム音源ダウンロードコード付):JNR220LPC1

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入

Short Biographyショート・バイオ

米フロリダ州の米フロリダ州ウェストパームビーチ出身のインディーロックバンド。フロリダ州のオーランドで音楽活動をしていたジョン・ポール・ピッツとタイラー・シュワルツが、フェスのアフターパーティーでトーマス・フェケーテと出会いバンドを結成。2009年、デビューシングル「Swim」がPitchfirkの年間ベストソング37位に選ばれ話題となる。10年1月、1stアルバム『アストロ・コースト』をグリズリー・ベアやチェアリフトなどを輩出したレーベル<Kanine Records>よりリリース。インディ・リリースながらもBillboard200チャートで124位を記録、NME年間ベストアルバム49位、Pitchforkで8.2を獲得し、世界各地でもライブを行う。また、同年のサマーソニックで初来日公演を敢行。その後13年6月、ギル・ノートンをプロデューサーに迎え2ndアルバム『バイソン』を<Warner Bros. Records>よりリリース。15年5月、3rdアルバム『1000パームス』をリリースするなど順調に活動を行ってきたが、初期メンバーであるトーマスのガンが発覚。彼の闘病を支援するために、Yo La TengoやReal Estate、Lou Barlowなど多くのアーティストが未発表音源やサイン入りアイテムをオークションに出すなどファンへ協力を呼び掛けるものの、16年5月に死去。バンドは大きな悲しみを乗り越え、新たに高校の同級生マイケル・マックリアリー(Gt)、リンゼイ・ミルズ(Ba)を迎えての新編成で、4thアルバム『スノードニア』を17年2月にリリースした。