Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

Duke Garwood - Garden Of Ashes

Garden Of AshesbyDuke Garwood

発売日2017.02.03
品番HVNLP134CD
フォーマットCD
レーベルHeavenly Recordings / Hostess
価格輸入盤オープン価格

※UK盤

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
  • iTunesで購入
TRACK LIST

01. Coldblooded
02. Sonny Boogie
03. Blue
04. Days Gone Old
05. Sing to the Sky
06. Garden of Ashes
07. Heat us Down
08. Hard Dreams
09. Move Softly
10. Sleep
11. Coldblooded the Return

南ロンドンを拠点に活動するマルチ・インストゥルメンタリスト、デューク・ガーウッドが6作目となるニューアルバム『ガーデン・オブ・アッシズ』をリリース!

南ロンドンを拠点に活動するマルチ・インストゥルメンタリスト、デューク・ガーウッドが6作目をなるニューアルバム『ガーデン・オブ・アッシズ』をリリース!
これまでにマーク・ラネガン(exスクリーミング・トゥリーズ/クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ)、グレッグ・デュリ(アフガン・ウィッグス)、シーシック・スティーヴ等ロック・レジェンドから、カート・ヴァイル、これまでツアーやアルバムにも参加。15年リリースの前作ではサヴェージズのジェニー・ベスをバッキングヴォーカルをフィーチャーし、話題となった。
本作を制作するにあたりデュークは、「これまでは怒りっぽい人だった。火傷するほど怒っていたんだ、自分自身やの周りの空気を熱くさせるくらい。そして、それらを音楽を作る燃料としていたんだ。だけど、このアルバムは違って僕は美しい音楽を作ろうとしていた。なぜなら今怒りに満ちた音楽は必要ないから。この注目された中、今持っているすべてのフラストレーションを蒸発させようとしている。」と話し、この作品は、美しい愛の黙示録のようなファンタジー・ミュージックだという。
本作は彼の所有するValley Heights Studio、ウェールズのGiant Wafer Studiosでレコーディングされ、ストラト・バレットがプロデュースを手掛けている。これまでとさほどサウンドに変化はなく、ブルース、フォーク、ロックをベースにした美しいギター・サウンドに、渋みのあるヴォーカルが響き渡る待望の新作が登場!

関連商品

アナログ盤(アルバム音源ダウンロードコード付):HVNLP134

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入

Short Biographyショート・バイオ

南ロンドンを拠点に活動するマルチ・インストゥルメンタリスト。2005年の『ホーリー・ウィーク』でのアルバム・デビューから現在までに5枚のソロアルバム発表。12年にはカート・ヴァイル&ザ・ヴァイオレーターズとのツアーで注目を集める。13年にはギタリストとしてサヴェージズ『サイレンス・ユアセルフ』への参加や、マーク・ラネガンとのコラボレーション作品『ブラック・プディング』の発表など精力的に活動している。17年2月、ソロ6作目となる『ガーデン・オブ・アッシズ』を発表する。