Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

Minor Victories - Orchestral Variations

Orchestral VariationsbyMinor Victories

発売日2017.01.27
品番HSEY-3938(PIASR930CDX)
フォーマットCD
レーベルPlay It Again Sam / Hostess
価格輸入盤オープン価格

※UK盤

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入
  • iTunesで購入
TRACK LIST

01. Cogs
02. Breaking My Light
03. The Thief
04. Give Up the Ghost
05. Scattered Ashes
06. Folk Arp
07. For You Always
08. A Hundred Ropes
09. Higher Hopes
10. Out to Sea

スロウダイヴのレイチェル・ゴスウェル、エディターズのジャスティン・ ロッキー、モグワイのスチュアート・ブレイスウェイト、そしてジャスティンの兄弟でフィルム・メイカーのジェイムス・ロッキーから成る大型バンド、マイナー・ビクトリーズのデビュー作のオーケストラ・ヴァージョンが登場!

スロウダイヴのレイチェル・ゴスウェル、エディターズのジャスティン・ロッキー、モグワイのスチュアート・ブレイスウェイト、そしてジャスティンの兄弟でフィルム・メイカーのジェイムス・ロッキー(Hand Held Cine Club)で結成されたスーパー・バンド、マイナー・ビクトリーズが、今年6月にリリースしたセルフ・タイトル・デビュー・アルバムのオーケストラ・ヴァージョン、その名も『オーケストラル・バリエーションズ』をリリースすることが決定!

数々の素晴らしいアイディアを武器にしながら、ほぼメンバー4人全員が集結することなしに制作やレコーディングが実施されたマイナー・ビクトリーズのデビュー作。それは、いかに個々の優れた人材で結成されたグループ というのは、常識にとらわれることなく成り立つということを証明している。 USとUKの様々な場所から集められた彼らの音楽テイストは、これまでそれぞれのメンバーが各自の活動で持ち合わせていたビジョンを打ち破って、新たなサウンドへと足を踏み入れている。それがマイナー・ビクトリーズが放つ世界観だ。 オリジナル・アルバムにはUSインディー・ロック界の重鎮、サン・キル・ムーンことマーク・コズレックとレイチェルによるデュエットや、スコットランドのシューゲイザー/ドリーム・ポップバンド、トワイライト・サッドのシンガー、ジェームズ・グラハムとのコラボレーションなどが含まれる。

今回リリースとなる『オーケストラル・バリエーションズ』は、オリジナルをインストゥルメンタル的に解釈したものである。これについてメンバーのジャスティンは次のように語っている。「もともとデビュー・アルバムを制作している際に、多くの楽曲というのはストリングスのアレンジメントやメロディから生まれていたこともあって、その原点に戻って新たな観点から見直してみることにしたんだ。ベースにある要素は何なのか、それぞれの楽曲を覆っているものを剥ぎ取って別の作品に仕上げていった。興味本位で始めて、自分の耳が良いと思ったものにたどり着くまで色々手を加えてみたんだ。その結果誕生したのが『オーケストラル・バリエーションズ』さ。これは決してリミックス・アルバムでB面集でもない。別の観点からある作品を見直し/聴き直した、全く新しい作品なんだ」。

関連商品

アナログ盤(ダウンロードコード付):HSEJ-3938(PIASR930DLP)

  • amazonで購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • HMVで購入

Short Biographyショート・バイオ

スロウダイヴのレイチェル・ゴスウェル、エディターズのジャスティン・ロッキー、モグワイのスチュアート・ブレイスウェイト、そしてジャスティンの兄弟でフィルム・メイカーのジェイムス・ロッキー(Hand Held Cine Club)で結成されたバンド。2015年夏にその存在が明らかになり、アルバム制作がスタート。2016年6月、サン・キル・ムーンやトワイライト・サッドらが参加した1stアルバム『マイナー・ビクトリーズ』を発表。17年1月にはオリジナル・アルバムをオーケストラ+インストゥルメンタル的に解釈『オーケストラル・バリエーションズ』を発表した。