Hostess Entertainment Unlimited

Import輸入盤リリース情報

Antony and the Johnsons - Antony and the Johnsons

Antony and the JohnsonsbyAntony and the Johnsons

発売日2016.06.10
品番SC104
フォーマットCD
レーベルSecretly Canadian / Hostess
価格輸入盤オープン価格

※US盤

【廃盤 / 取扱終了】

TRACK LIST

01. Twilight
02. Cripple and the Starfish
03. Hitler in My Heart
04. Atrocities
05. River of Sorrow
06. Rapture
07. Deeper than Love
08. Divine
09. Blue Angel

暗く、美しく、霊的で驚異的な歌声の持ち主、アノーニ(旧名:アンソニー・ヘガティ)のプロジェクト、アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズの初期作品を取扱いスタート!

★本作は2004年にリリースしたデビューアルバム!

今年5月にアーティスト名を一新し、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、ハドソン・モホーク等とコラボした新作『ホープレスネス』をリリースしたばかりのアノーニ(旧名アントニー・ヘガティ)。そんな彼女の原点であるアントニー・アンド・ザ・ジョンソンズの2000年にCurrent 93のデイヴィッド・チベット主宰のレーベル<Durtio>から発表し、その後2004年に<Secretly Canadian>からも発売されたデビューアルバム『アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ』が本作。

ジュリア・ケント、パーカー・ケンドリッド等から成るザ・ジョンソンズが奏でるストリングス、ピアノ、ベース、ドラムが全面に押し出され、ニーナ・シモンやロッテ・レーニャなどと比較されるアノーニの歌声が現代クラシック、ゴスペルを彷彿させるデビュー・アルバムとなっている。本作は感情、歌詞、ドラマ性が高く、至高の芸術作品として沢山のアーティストから絶大な支持を獲得した。2003年にはルー・リードのバック・ヴォーカルに抜擢されワールド・ツアーを共にまわり、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの名曲「Candy Says」ではリード・ヴォーカルを務めた。ルー・リードのアルバム『The Raven』の録音にも参加、世界的に一躍注目を浴びることとなる。

Short Biographyショート・バイオ

旧名アントニー・ヘガティ。03年にルー・リードのバック・ヴォーカルに抜擢され、アルバムの録音にも参加、一躍注目を浴びる。ジュリア・ケント、パーカー・ケンドリッド等とのプロジェクト、アントニー・アンド・ ザ・ジョンソンズで00年『アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ』でデビュー。05年にリリースした2ndアルバム『アイ・アム・ア・バード・ナウ』で英国最高峰の音楽賞マーキュリー・プライズを受賞、 MOJO誌の「アルバム・オブ・ザ・イヤー」にも選出された。09年にリリースした3rdアルバム『クライング・ライト』では彼女が敬愛する日本の舞踏家、大野一雄の写真をアートワークに使用し話題となった。10年には草月会館にて初来日を開催。翌年には4thアルバム『スワンライツ』をリリース。ビョークをはじめ、ルーファス・ウェインライト、ブライアン・フェリーなど様々なアーティストとのコラボレーションも行っている。15年に新曲「4 Degrees 」を突如公開、前作から約5年半振りとなる新作『ホープレスネス』を16年5月にリリースした。